該当件数 379

Texas Instruments CC2650STK:SensorTagアプリはAndroid/iOS向けによって取得できるセンサデータなどの違いはありますか。

Android/iOS向けアプリによって取得できるセンサデータ、使用可能な機能が異なります。 更にSensorTagハードウェアリビジョン1.5以降では、赤外線温度センサであるTMP007が未実装となっており、ハードウェアリビジョンによっても取得できるセンサデータが異なります。詳細は下記をご覧ください。Android/iOS向けアプリで、SensorTagハードウェアリビジョン1.3と1.5...

Texas Instruments CC2650STK:SensorTagアプリで、赤外線温度が取得できません。

SensorTag HW Rev.1.5以降では、赤外線温度センサであるTMP007が未実装となっており、取得ができなくなりました。まだ問題が解決していない方は、SensorTagと検索してみてください。

Texas Instruments CC2650STK:SensorTagのハードウェアRevision 1.4は存在しますか。

Revision 1.4は存在しません。Revision 1.3からRevision 1.5になっています。 リビジョンヒストリーの詳細について、以下より取得が可能です。 URL:http://www.ti.com/jp/lit/zip/swrc304まだ問題が解決していない方は、SensorTagと検索してみてください。

Texas Instruments CC2650STK:SensorTagアプリをカスタマイズしたいのですが、Android/iOS向けのコードを入手することは可能でしょうか?

一部ではございますが、以下TI社のサイトより公開されております。 iOS https://git.ti.com/sensortag-ios-source-code-example Android https://git.ti.com/sensortag-20-android

Texas Instruments CC2650STK:SensorTagアプリで取得したセンサデータをローカルに保存することは可能ですか?

選択したセンサのみになりますが、グラフで表示した後、CSVファイルで取得することが可能です。 ※取得したファイルはメールに添付され、送ることが可能です。

Texas Instruments DLPシリーズ:DLP Video & Data Display製品においてどのチップセットが対応していますか?

DLP Video & Data Display製品はDMDとController IC、PMICの3点をチップセットとしております。DMDはDLPxxxx、ControllerはDLPCxxxx、PMICはDLPAxxxxというシリーズでご用意しています。それぞれに対応する型番は、以下のリンク先の表を参照ください。 What chipsets (combination of DM...

Texas Instruments DLPシリーズ:DLP Video & Data Display製品の光学モジュールはどこから購入できますか。

Texas Instruments社よりDLPのチップセット(DMD、Controller IC、PMIC)それぞれを単体で販売することは可能ですが、光学モジュールは3rdパーティ製品をご紹介しています。 プロジェクションレンズやLED等を含んだ光学モジュールとして販売しているベンダがいくつかございます。下記に光学モジュールベンダのリストがありますので、必要な解像度に合わせて最適な製品をお...

Texas Instruments DLPシリーズ:DLP Video & Data Display製品のリファレンスボードにはどのようなものがありますか?

DLP Video & Data Display製品の開発ボードはチップセット(DMD、Controller IC、PMIC)毎に用意されております。DLP LightCrafter Displayという名前でDLP2000, DLP2010, DLP3010, DLP4710の4種類の評価モジュールが用意されております。 詳細は以下をご参照ください。 http://www.tij...

Texas Instruments C2000シリーズ:CLAでの処理を始めるトリガは何ですか?

ADC、ePWM、ならびにメインCPUからのソフトトリガ(IACK命令)が基本的な選択肢です。新しい型番では、CPUタイマーなど選択肢が増えています。関連FAQ CLAがトリガを検出してから応答するまでのクロック数はいくつですか? ハードリセット後のCLAはどのような状態ですか? CLAへ登録できるプログラム(タスク)の数はいくつですか?...

Texas Instruments C2000シリーズ:CLAがトリガを検出してから応答するまでのクロック数はいくつですか?

7クロックです。トリガ検出から4クロック目が命令フェッチの開始、その後の3クロックでパイプラインを流れ、D2と呼ばれるフェーズへ届きます。補足ですが、ADCに関しては早めのトリガを設定して、変換終了と同じクロックで読み値を取り出すことも可能です。関連FAQ CLAでの処理を始めるトリガは何ですか? ハードリセット後のCLAはどのような状態ですか? ...

Texas Instruments C2000シリーズ:ハードリセット後のCLAはどのような状態ですか?

CLAへクロックはディセーブルされ、CLAレジスタはすべてクリアされています。トリガへの応答もディセーブルされています。関連FAQ CLAでの処理を始めるトリガは何ですか? CLAがトリガを検出してから応答するまでのクロック数はいくつですか? CLAへ登録できるプログラム(タスク)の数はいくつですか? CLAタスクの複...