該当件数 146

Intel:Nios® II と Intel Serial Flash Controller II を使用して EPCQ128 (EPCQ128A ではない) に対して Sector Protect をかけることはできますか?

カテゴリ:IP(その他)ツール:Quartus® Primeデバイス:EPCQIntel Serial Flash Controller II ( 18.0 までは Altera Serial Flash Controller II ) のドライバに問題があり修正が必要です。この問題は、現状 Quartus® Prime Ver.18.1 までで確認されています。具体的には Sector P...

Intel:Nios® II でタイマ割り込みを生成する方法を教えてください。

カテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II EDSデバイス:-2種類の方法があります。・Interrupt Service Routine(ISR)に登録する方法(alt_ic_isr_register を使用して割り込みを登録)こちらは ISR に System Clock を登録し、Qsys 上で設定した Timer の設定を元にタイマ割り込みを使用します。詳細は Nios II...

Intel:Nios® II Software Build Tool (SBT) for Eclipse v15.1 でコンパイルを実施した際、標準ライブラリ(cstdlib)に exit が宣言されていない旨のエラーが発生します。

<エラー・メッセージ>c:\altera\15.1\nios2eds\bin\gnu\nios2-elf\include\c++\4.9.2\cstdlib:135:11: error: '::exit' has not been declaredカテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II EDSデバイス:-BSP Editor の Main タブにて、Advanced オプション以...

Intel:Quartus® Prime v15.1 と Nios® II EDS を使用していますが、Generic Quad SPI Controller で接続している Flash メモリにプログラミングを行う際に、最終ブロックへの書き込みでエラー(エラーコード:022 (-EINVAL))が発生します。

カテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II EDSデバイス:-下記のナレッジ・データベースに該当する問題と思われます。v17.0 より古いバージョンを利用した場合に発生する問題となります。下記ページの Workaround/Fix の内容を参照してください。Why do reads from the last byte address on my EPCQ device fail?h...

Intel:Nios® II のソフトウェア開発環境として、スタック・ヒープサイズの必要量を見積もるための機能は用意されていますか?

カテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II EDSデバイス:-動的にスタックオーバーフローを検知する仕組みが用意されています。BSP Editor の Main タブの Advanced にある enable_runtime_stack_checking をチェック ON にすることによって使用可能です。詳細は下記資料を参照してください。Nios II SBT によるソフトウェア開発...

Intel:Nios® II Software Build Toools (SBT) for Eclipse の Memory ビューを使用してある番地にライト・アクセスを行うと、ライト対象とは別のアドレスにも同じデータがライトされたように見えます。

カテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II EDSデバイス:-別のアドレスが Platform Designer(旧 Qsys)のアドレスマップ上で未定義となっている場合に、質問のような挙動になります。(存在しないアドレスにアクセスした結果、実在する別のアドレスのデータが読める。)参考Intel® Quartus® Prime Standard Edition Handbook Vo...

Intel:Nios® II Software Build Tools (SBT) for Eclipse プロジェクトの移動方法を教えてください。Nios II プロジェクトを含むフォルダ一式を圧縮(.zip)して移動した後に解凍したら、Project Explorer 上にプロジェクトが表示されません。

カテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II EDSデバイス:-Nios® II SBT の Fileメニュー以下にある Export/Import で一旦プロジェクトをエクスポートした後に、移動先のワークスペースにインポートする方法でご対応ください。なお、圧縮(.zip)した上での移動については、アーカイブ・ツールに依存するようで、参考までに、弊社で確認したところ Windows® ...

Intel:EPCS/EPCQ に対して Nios® II の HAL API を使用して書き込みを行う場合、alt_write_flash_block() と alt_write_flash() のどちらを使用したらよいですか?

カテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II EDSデバイス:EPCS / EPCQ基本的には alt_write_flash() の使用をお勧めします。こちらは erase や block サイズなどもケアして alt_write_flash_block() にて書込みを行います。alt_write_flash() の方がより上位の関数になるので、こちらを使用することをお勧めしています。

Intel:Nios® II でファイル・ディスクリプタを使用して UART Core を操作していますが、動作しません。

カテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II EDSデバイス:-下記2点をご確認ください。Reduce Device Driver & Small C を使用していないか?標準出力先に UART を設定し、かつファイル・ディスクリプタで UART を設定しているといった二重登録になっていないか?

Intel:MAX® 10 で Nios® II のブート・メモリに User Flash Memory (UFM) を使用することは可能ですか?

カテゴリ:Nios® IIツール:Quartus® Primeデバイス:MAX® 10UFM からのブートも可能です。以下のドキュメントおよび記事をご覧ください。Embedded Design Handbookhttps://www.altera.com/en_US/pdfs/literature/hb/nios2/edh_ed_handbook.pdf(Nios II Processor ...

Intel:Nios® II Software Build Tool (Nios II SBT) に付属の Ethernet サンプル(Simple Socket Server (RGMII))を v17.1 でビルドするとエラーとなります。なぜですか?

<エラー・メッセージ>fatal error: altera_msgdma.h: No such file or directory ins_tse_mac.h /simple_skocket_server_bsp/drivers/inc/iniche line 34 C/C++ Problemカテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II SBTデバイス:-Triple Speed E...

Intel:Remote System Update などに Nios® II を使用して Altera Serial Flash Controller からコンフィグレーション・データを ROM に書き込む場合、Byte Swap を行うソフトウェアは用意されていますか?

カテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II EDSデバイス:-Quartus® Prime の Convert Programming Files 機能で、Altera Serial Flash Controller から書き込みを行う際に使用する rpd ファイルを作成できます。Convert Programming Files 画面の Option/Boot info メニューで...