該当件数 154

Intel:Nios® II のワークスペースを圧縮して移動するとプロジェクトが消えてしまいました。プロジェクトやワークスペースを移動させる際に注意する事はありますか?

カテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II EDSデバイス:-Windows 標準の zip 圧縮機能(※1)でワークスペースを圧縮し別のフォルダで解凍した後、そのワークスペースを Nios® II Software Build Tools (SBT) for Eclipse で開くと、登録されていたプロジェクトが消えてしまいます。これは、Windows の zip 圧縮機能の特性で...

Intel:IOWR 関数でビットアクセス制御はできますか?

カテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II EDSデバイス:-下記のような方法が可能です。1ビット幅の PIO(Width 1bit Output に設定)を複数インスタンスし対象ビットだけを制御する方法ソフトウェアで下記のように対象ビットのみをマスクする方法(記述例)IOWR( base, offset, data);data = ( IORD & (!(n <<...

Intel:Platform Desinger の Component Editor で生成した自作コンポーネントの _hw.tcl は Quartus® Prime のプロジェクトフォルダに生成されてしまいます。RTL ファイルを管理している別フォルダに _hw.tcl を移動する方法を教えてください。

カテゴリ:Nios® IIツール:Quartus® Prime (Platfrom Designer)デバイス:-Component Editor で生成された _hw.tcl を RTL ファイルと同じフォルダに移動した後、エディタ等で開いて "add_fileset_file" パラメーターに設定されているパスを変更してください。RTL ファイルと同じフォルダで管理するのであればパスを削...

Intel:自作したコンポーネント用に作成したドライバーソフトを Platform Designer で実装した際、Nios® II Software Build Tools (SBT) for Eclipse で自動的にドライバーソフトを認識させることはできますか?なお、ドライバソフトも RTL ファイルや _hw.tcl と同じフォルダで管理できますか?

カテゴリ:Nios® IIツール:Quartus® Prime (Platform Designer) 、Nios® II EDSデバイス:-<コンポーネント名>_hw.tcl を格納したフォルダに、<コンポーネント名>_sw.tcl ファイルを作成することで可能です。書き方は \nios2eds\components\altera_quad_seven_seg\al...

Intel:Nios® II Software Build Tools (SBT) for Eclipse で一部の関数のみオプティマイズ・レベルを変更することはできますか?

カテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II EDSデバイス:-Nios® II SBT では GUI 上からオプティマイズ・レベルを設定した場合、アプリケーションや BSP などのプロジェクト単位となり、ファイル単位でオプティマイズ・レベルを変更する事ができません。しかし、#pragma を使う事で、関数単位にオプティマイズ・レベルを設定する事ができます。

Intel:Nios® II Software Build Tools (SBT) for Eclipse にて、Build 後に Problems ウィンドウにはエラーが表示されていますが、console ウィンドウでは正常にコンパイルが終了しているメッセージが出力されています。どちらが正しいですか?

カテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II EDSデバイス:-console ウィンドウが正しい表示です。Eclipse の問題で、Problems ウィンドウは誤った情報が表示されていることがわかっています。

Intel:Nios® II Gen2 プロセッサーの最大動作クロックはどの程度ですか?

カテゴリ:Nios® IIツール:Quartus® Primeデバイス:-ベンチマーク結果がありますので、参考にしてください。Nios II Performance Benchmarkshttps://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/programmable/documentation/iga1408573581143.html#iga1423086481981

Intel:MAX® 10 で Nios® II のソフトウェアを hex ファイルに変換し、UFM の初期データとして持つように設定しコンパイルすると以下の Critical Warning が発生します。

<ワーニング・メッセージ>Critical Warning (113013): Memory contents are already initialized at the specified addresses. Overwriting data. Found xx warnings, reporting xx .Critical Warning (113008): Memory cont...

Intel:Nios® II と Intel Serial Flash Controller II を使用して EPCQ128 (EPCQ128A ではない) に対して Sector Protect をかけることはできますか?

カテゴリ:IP(その他)ツール:Quartus® Primeデバイス:EPCQIntel Serial Flash Controller II ( 18.0 までは Altera Serial Flash Controller II ) のドライバに問題があり修正が必要です。この問題は、現状 Quartus® Prime Ver.18.1 までで確認されています。具体的には Sector P...

Intel:Nios® II でタイマ割り込みを生成する方法を教えてください。

カテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II EDSデバイス:-2種類の方法があります。・Interrupt Service Routine(ISR)に登録する方法(alt_ic_isr_register を使用して割り込みを登録)こちらは ISR に System Clock を登録し、Qsys 上で設定した Timer の設定を元にタイマ割り込みを使用します。詳細は Nios II...

Intel:Nios® II Software Build Tool (SBT) for Eclipse v15.1 でコンパイルを実施した際、標準ライブラリ(cstdlib)に exit が宣言されていない旨のエラーが発生します。

<エラー・メッセージ>c:\altera\15.1\nios2eds\bin\gnu\nios2-elf\include\c++\4.9.2\cstdlib:135:11: error: '::exit' has not been declaredカテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II EDSデバイス:-BSP Editor の Main タブにて、Advanced オプション以...

Intel:Quartus® Prime v15.1 と Nios® II EDS を使用していますが、Generic Quad SPI Controller で接続している Flash メモリにプログラミングを行う際に、最終ブロックへの書き込みでエラー(エラーコード:022 (-EINVAL))が発生します。

カテゴリ:Nios® IIツール:Nios® II EDSデバイス:-下記のナレッジ・データベースに該当する問題と思われます。v17.0 より古いバージョンを利用した場合に発生する問題となります。下記ページの Workaround/Fix の内容を参照してください。Why do reads from the last byte address on my EPCQ device fail?h...