該当件数 284

Analog Devices LED ドライバ:LT3922-1にて調光を行う場合、PWM周期に制限はありますか?

使用されるP-ch MOSFETにも依りますが、最小PWM ON時間が限界値となり周期は、PWM DimmingのON/OFFレシオに依存いたします。LT3922-1にて調光を行う場合、レギュレートされた電流を流すのに最小PWM ON時間が400ns必要です。

Analog Devices 標準 A/Dコンバータ :AD7173-8は、チャネルを指定してデータを読み取ることができますか?

いいえ、チャネルを指定してデータを読み出すことはできません。 基本的には、AD7173-8が主導的にデータを出力いたします。

Analog Devices RF ミキサー:LT5512のLTspiceモデルを入手することは出来ますか?

RFミキサーのLTspiceモデルは、サポートされていません。RF Mixer関係はデバイス選定を含めたシグナル・チェーン・ツールのADIsimRF をご活用ください。

Analog Devices A/Dコンバータ:AD7771のCRCについて教えてください。

AD7771は、2つの異なるCRCチェックサムジェネレータを実装しています。1つはΣ-Δ結果用で、もう1つはSPI制御モード用です。詳しくは、データーシートのページ61を参照してください。

Analog Devices 光通信 & センシング:ADN2814を使用していますが、Data Recovery用PLLのループフィルタの一部であるCF1ーCF2間のコンデンサを選定する時の注意点を教えてください。

コンデンサの選定方法は、ADN2812 Evaluation Board(AN-657)に記載があります。容量は、0.47uF(>6.3 V, ±20%)としてください。注意点としては、リーク電流が小さい10nA以下のコンデンサを選定してください。

Analog Devices A/Dコンバータ:AD7609は、DOUTA、DOUTBと言う2つの出力がありますが、同じデータを出力しますか?

DOUTA、DOUTBが出力するデータは、同じです。しかし、出力される順番が異なります。DOUTAは、[V1,V2,V3,V4,V5,V6,V7,V8]ですが、DOUTBは、[V5,V6,V7,V8,V1V2,V3,V4]となります。