該当件数 11

Analog Devices RS-485/RS-422 : ADM3490EARZの3ピン(DI端子)は、プルアップまたはプルダウン抵抗が内蔵されていますか?

プルアップ/ダウンの抵抗は内蔵されておりません。 ※ ADM3483/ADM3485/ADM3488/ADM3491 も同様に内蔵されておりません。

Texas Instruments SN65LVDS31:未使用ピンの端子処理方法を教えて下さい。

入力ピンにはPull-down抵抗が内蔵されておりますので、Openのままで問題ありませんし、出力ピンに関しましても同様にOpenで問題ありません。

Texas Instruments DP83822IF:ハードブートストラップの利点はどのようなことでしょうか?

利点としてはMDIO/MDCを使用しないので、別のポートとして使用可能となります。 また、ハードブートストラップではリセット/パワーアップ後すぐに動作が可能です。 データシートP46~P47の記載の内容、ハードブート設定の内容はそれぞれ各表の「Description」の記載の通り、各MDIO/MDCでの設定に対応しております。詳細は以下の資料をご覧下さい。 DP83822IF データシー...

Texas Instruments SN65HVD3088E:出力においてショートモードが続く場合、どのようになるでしょうか?

温度上昇によって、サーマルシャットダウンが動作します。動作温度はTYP=165Cで煙や発火保護となります。サーマルシャットダウン動作時、ABSの温度範囲を超えているため、デバイス自体の動作保証は無くなります。

Texas Instruments DS25CP114:LVDSポートの未使用ピンは、入力側、出力側ともOpenとして問題ないでしょうか。

SMBus Modeでお使いでしたら、SmartPWDNが機能しますので、OPEN処理頂いても問題ございません。 Pin Modeでご使用の場合は、上記が機能しませんので、LVDS入力のロジックを確定し、ノイズの影響を低減します。 3.3kΩにて、IN+をプルアップ、IN-をプルダウン処理してください。

Texas Instruments ISO5851EVM:コレクタ-エミッタ間に500Vの電圧を印加したいですが、評価ボード上の部品を変更すれば可能でしょうか。

ISO5851EVMはPCBのレイアウト自体が500V等の高電圧に耐える設計になっていないため、部品変更をしても対応が出来ません。 ボードとして販売はしておりませんが、1200V、50A~200Aに対応したReferenceデザイン「TIDA-00195」がございます。回路図やGerberファイルを含む設計ファイルを公開しておりますのでご参照ください。 http://www.ti.com/...

Texas Instruments ISO7721:UVLOという機能はどのような機能ですか。

UVLOはUnder Voltage Lock Outの略で電源電圧(VcciもしくはVcco)の印加電圧がデータシートに規定されたスレッショルド電圧より低い場合に、動作をさせない機能です。 Vcci、Vccoのどちらの電圧が低いかで動作は異なります。

Texas Instruments ISO7721:UVLOという機能が働くと、どのような出力状態になりますか。

入力側(Vcci)がUVLO以下かつ出力側(Vcco)の電源が正常に投入されている場合、出力はDefaultの出力(ISO7721の場合はHigh)になります。 出力側(Vcco)がUVLO以下の場合は出力は不定となります。

Texas Instruments TMDS181:45Pin SPDIF_IN, 44pinARC_OUTについて未使用時の端子処理はOPENで問題ないでしょうか。

44pinARC_OUTはOPEN処理で問題ありません。 45Pin SPDIF_INは500kΩ以下のプルダウン抵抗を介してGNDへ接続頂くことを推奨します。理由は過剰な消費電流を抑える為です。