インターフェース

インターフェースのソリューションと技術コンテンツのご紹介

インターフェース規格に関してマクニカが提案できる各種ソリューションを設計ノウハウも含めてご提供致します。

各インタフェース規格のソリューションと技術コンテンツのご紹介

V-by-One HS

Article header solution 122117 pic01  1

 

V-by-One HS規格による高速シリアル伝送を実現 V-by-One HS IPは、V-by-One HS高速インタフェースを実現するためのIPです。V-by-One HSとは、ザインエレクトロニクス社が画像・映像機器向けに提唱する次世代の高速インタフェース規格です。Mpressionが提供するV-by-One HS IPをインテル®FPGAに実装すると、従来のLVDSインタフェースに比べ信号本数を減らせるため、製品コストの大幅な削減につながります。

[HW IP] V-by-One HS IP

HDMI 2.0

Article header solution 122117 pic09  1

 

HDMI 2.0規格に準拠した通信を実現 HDMI 2.0 IPは、Intel® FPGAに対してHDMI 2.0規格に準拠した送受信機能を付加するIPコアです。最大転送レート18Gbps、RGB24bitで4k2k@60pの映像データを送受信できます。本IPコアをご利用いただくことにより、ユーザーはHDMI 2.0規格に準拠した製品の早期市場投入が可能です。

[HW IP] HDMI 2.0 IP
マクニカ製 HDMI IP を使って FPGA で4K動画を映してみた

SLVS-EC RX

Article header solution 122117 pic02  1

 

ソニーによる次世代CMOSイメージセンサーのインタフェースをFPGAで実現 SLVS-EC Rx IPは、Intel® FPGAでSLVS-ECの受信を実現させるためのIPです。SLVS-ECは、ソニーが提唱する、高解像度CMOSイメージセンサー向け高速シリアルインタフェースの規格です。この規格は、ピクセルデータにクロックを埋め込んだEmbedded Clockを採用しており、レーン間で発生するSkewを意識することなく基板設計を行うことができます。そのため、高速化や長距離伝送に有利となっています。

[HW IP] SLVS-EC RX IP
次世代 CMOS イメージ・センサの新しいインタフェースを先取り!

IF.HOTARU

Article header solution 122117 pic03  2

 

光伝送による高速シリアルインタフェースソリューション IF.HOTARU IPは、IF.HOTARUに準拠した光伝送を行うためのIPです。IF.HOTARUは、光リンクのデータ伝送を行うためのオープンプロトコルで、高速なデータ伝送を省配線・省リソースで実現しています。また、マシンビジョン等のビデオアプリケーションだけでなく、汎用的なデータ伝送にも利用可能です。本IPをFPGAの高速トランシーバと組み合わせることで、高速インタフェースの開発時間とコストを大幅に削減できます。

[HW IP] IF.HOTARU IP
Mpression の光伝送ソリューションによる次世代高速シリアルインターフェース - IF.HOTARU のデモ(Mpression Nitro ボード)

CC-Link IE Field

Article header solution 122117 pic10  1

 

CC-Link 協会による認証済で三菱電機製 CP220 専用通信LSIに相当するFPGA 用IP です。FPGA に実装することで、CC-Link用の専用 LSI やモジュールを使わなくても、FPGA だけで CC-Link IE Field を構成することができます。

[HW IP] CC-Link IE Field IP

GigE Vision

Article header solution 122117 pic04  1

 

Image data transfer by Gigabit Ethernet GigE Vision Device Packageは、GigE Vision規格に対応した画像転送を行うIPです。イメージセンサーから送られてくる入力画像データをリアルタイムでGigabit Ethernetへ送信できます。高速転送や高精度での同期動作が可能なため、信頼性の高いシステムを構築することができます。本IPは、高解像度のマシンビジョンカメラや医療用イメージングシステムなど、Gigabit Ethernetの性能を最大限活用したいアプリケーションに最適です。

[HW/SW IP] GigE Vision Device Package

USB3 Vision

Article header solution 122117 pic05  1

 

Image data transfer by USB 3.0 USB3 Vision Device Packageは、USB3 Vision規格に対応した画像転送を行うIPです。イメージセンサーから送られてくる入力画像データをリアルタイムでホストPCへ送信できます。通信インタフェースにUSB3.0を採用しているため、高速での送信が可能です。また、GenICam規格に準拠しているため、市販のGenICam対応アプリケーションで制御できます。高い解像度と信頼性を必要とする、マシンビジョンカメラや医療用イメージングシステムなど、USB 3.0の性能を最大限活用したいアプリケーションに最適です。

[HW/SW IP] USB3 Vision Device Package

IEEE1588

Article header solution 122117 pic11  1

 

IEEE1588規格による時刻同期を実現 IEEE1588 Protocol Stack Packageは、IEEE1588に準拠し、100ナノ秒以下の精度での時刻同期が可能です。IEEE1588-2008に準拠するほか、放送機器向けのプロファイルであるSMPTE2059にも対応しています。IEEE1588とは、ネットワークに接続された機器間での時刻同期の用途を規定した規格です。

[HW/SW IP] IEEE1588 Protocol Stack Package

GenICam

Article header solution 122117 pic06  1

 

EMVA GenICam規格対応アプリケーションを短期間で開発可能 GenICam Softare Packageは、GenICam規格に完全準拠したソフトウェアIPです。本ソフトウェアのIPを適用することで、ユーザーは、GenICam APIインタフェースを利用したアプリケーションソフトウェアを開発することができるようになります。GenICamとは、欧州のマシンビジョン規格団体であるEMVAが策定した規格です。GigE Vision、USB3 VisionやCoaXpressTM など、異なるインタフェースのカメラを共通のAPIで制御するソフトウェアインタフェースの規格です。

[SW IP] GenICam Software Package (BetelmaGiCs)

PCI Express

Article header solution 122117 pic07  1

 

PCI Express ハード IP が実装された Intel FPGA のリファレンス・デザインを用いて DMA転送の検証結果を掲載しています。基礎編、ハードウェア編、ソフトウェア編の3部作の資料にまとめています。デザインのダウンロードから実装、動作確認から転送レートの検証までの一連の流れを説明だけでなく、実機での検証結果についても解説します。

PCI-Express ハード IP を使用した DMA 転送の実現

PCI (Master/Target, 32bit)

Article header solution 122117 pic01  2

 

PCI (Master/Target, 32bit) IP PCI IPは、マスター/ターゲットまたはターゲットデバイス機能をサポートしています。ユニバーサルなユーザーインタフェース構成になっているため、PCIのプロトコルを意識せずにユーザー回路と接続可能です。また、PCIインタフェースデバイスがディスコンなどで入手できなくなった場合に、本IPをFPGAに実装することで置き換えが可能です。

[HW IP] PCI (Master/Target, 32bit) IP

USB3.0

Article header solution 122117 pic05  2

 

高品質なUSB 3.0デバイスを短期間で開発 USBDmAcsは、USB 3.0/2.0/1.1全ての規格に対応した、汎用的なデバイスプロトコルスタックです。USBDmAcsのソフトウェアスタックは独立した3層構造からなり、各層はUSB規格で定められた各レイヤに対応しています。これにより、ファームウェア開発者は、USBの各規格の詳細やスタックの内部動作を意識することなく、容易に開発を進めることが可能になりました。

[SW IP] USB3.0 Protocol Stack (USBDmAcs)
[Board] USB 3.0 インタフェース・カード SV

USB

Article header solution 122117 pic05  3

 

最近のノートパソコンにはシリアル・ポート(COMポート)が無くて困りませんか?単にPCから周辺機器の制御やデータのやり取りをしたいだけなのに、USBポートしかなく困っているという方にお勧めの解決策をご提案しております。

困ったときの「USBブリッジ」頼み

Ethernet

Article header solution 122117 pic08  2

 

Intel® FPGA搭載の開発キットと接続しGigabit、10/100Mbit Ethernetを実現するためのドータ・カードを準備。Microchip社のEthernet PHY、LDO、クロックデバイスとHSMCコネクタを搭載しています。HSMCコネクタを搭載したインテル® FPGA搭載開発キットと本ドータ・カードを接続すれば、Gigabit、10/100Mbit Ethernetのインタフェースを持ったFPGA評価及び開発をすぐに始めることができます。

[Board] 100BASE-T1 HSMCカード
[Board] 10/100M Ethernetカード
[Board] Gigabit Ethernetカード

64b/66b高速シリアル伝送IP(ION 64b66b)

Article header solution 122117 pic01  3

 

軽量プロトコルによる高速シリアル伝送(最大13.5Gbps)を実現 ION 64b66b は、チップ間や基板間のアプリケーションをターゲットとした高速シリアルインタフェースです。軽量なリンク層のプロトコルで、1つ以上の高速シリアルレーンを通じて、1対1でデータを移動させることができます。

[HW IP] 64b/66b高速シリアル伝送IP(ION 64b66b)

8b/10b高速シリアル伝送IP(ION 8b10b)

Article header solution 122117 pic01  4

 

軽量プロトコルによる高速シリアル伝送(最大8Gbps)を実現 ION 8b10b は、チップ間や基板間のアプリケーションをターゲットとした高速シリアルインタフェースです。軽量なリンク層のプロトコルで、1つ以上の高速シリアルレーンを通じて、1対1でデータを移動させることができます。

[HW IP] 8b/10b高速シリアル伝送IP(ION 8b10b)

関連タグ