サイプレスのSemperフェイルセーフストレージ、DENSO社の次世代車載アプリケーションに採用

2019.04.01

大容量のSemperファミリはArmプロセッサを独自な方法で活用し高度なグラフィックスによるデジタル コックピットに求められる性能と信頼性を提供

サイプレス セミコンダクタ社 (米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: CY) は2019年4月1日 (米国時間)、世界的自動車部品メーカーであるDENSO Corporationが、同社の高度なグラフィックスによる次世代デジタル車載コックピット アプリケーションにサイプレスのSemper™フェイルセーフ ストレージを採用したことを発表しました。Semperファミリは、Arm® Cortex®-M0プロセッシング コアを内蔵し、最も過酷な車載環境に特化して設計されています。DENSO社は、機能安全規格に準拠して設計された、大容量で長期保存が可能な高性能コードおよびグラフィックス ストレージ ソリューションを必要としています。

サイプレスのSemperファミリは、サイプレス独自のMirrorBit®プロセス テクノロジーを生かして、最大4Gbという業界最大容量のシリアルNORフラッシュ メモリです。また、EnduraFlex™アーキテクチャの採用により、信頼性と耐久性の向上を実現しています。Semperフェイルセーフ ストレージ デバイスは、ISO 26262自動車機能安全規格およびASIL-Bへの準拠を業界で初めて達成しました。

DENSO International America社のコックピット エンジニアリング担当副社長のMike Murzyn氏は、「世界の自動車産業は今、100年に一度の変革期を迎えており、輸送のあり方が根本から変わろうとしています。
DENSOは、すべての人のモビリティ体験をより安全に快適でかつ便利なものにする自動車イノベーションを推進することにより、この大変革期に全力で取り組んでいます。次世代メモリ製品ラインアップを通じて、DENSOとサイプレスの協力関係が今後も続いていくことを期待しています。このテクノロジーは、高い性能と信頼性に対する要求を満たし、ハイエンド グラフィック ソリューションをはじめとする高度な機能の実現を支援します」と述べています。

サイプレスのフラッシュ ビジネス ユニット担当副社長のRainer Hoehlerは、「サイプレスは、車載アプリケーション向けコンピュート コアを統合した最先端のフェイルセーフ ストレージ製品を提供することにより、お客様とエコシステム パートナーの成功に全力を尽くしています。DENSO社の次世代コックピット ソリューションは従来の限界を押し上げるものです。サイプレスのSemperファミリは、極めて重要な車載アプリケーションに最高の性能と信頼性、機能安全を提供することにより、大容量NORフラッシュに対する最も厳しい要件を満たします」と述べています。

サイプレスが世界に誇るSemperファミリには、業界最大容量のAEC-Q100規格準拠品も用意されています。Semperフェイルセーフ ストレージ製品は、ASIL-B準拠で自動車品質および機能安全規格の要求を上回っており、ASIL-Dにも対応できるよう設計されています。Semperフラッシュ ファミリの詳細はjapan.cypress.com/semper-flashをご覧ください。

最先端の車載システムを実現するサイプレス オートモーティブ ソリューションについて

サイプレスは、世界トップクラスの自動車メーカー企業と協業し、先進運転支援システム (ADAS) や3D グラ フィック ディスプレイ、ワイヤレス接続、フル機能タッチスクリーン、卓越したボディ エレクトロニクスなど、最先端車載システムの開発に取り組んでいます。サイプレスの車載ポートフォリオには、Traveo™およびPSoC® MCU、CapSense®静電容量センシング ソリューション、TrueTouch®タッチスクリーン ソリューション、Wi-Fi®、Bluetooth®、およびUSB コネクティビティソリューション、電源管理IC (PMIC)、NOR フラッシュ、F-RAM™およびSRAM メモリが含まれます。サイプレスはこれらポートフォリオにおいて、優れたサービスの提供をコミットしており、さらに最も厳格な自動車業界規格の認証を取得しています。詳細はjapan.cypress.com/automotiveをご覧ください。

(1) Cypress や Cypress のロゴ、MirrorBit、PSoC および CapSense はサイプレス セミコンダクタ社の登録商標で、Semper、EnduraFlex および Traveo はサイプレス セミコンダクタ社の商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。
(2) 出展:Cypress Semiconductor News Release(報道発表資料)より