PSoC 6 Secure MCU製品ラインリリース

2019.02.26

PSoC 64 Secure MCU 新製品ラインは PSA Certified セキュリティを実現

組み込みソリューションのリーダーであるサイプレス セミコンダクタ社 (米国カリフォルニア州サンノゼ、 NASDAQ: CY) は 2019 年 2 月 26 日 (ドイツ時間)、独ニュルンベルクで開催中の Embedded World で、モノ のインターネット (IoT) アプリケーションのセキュリティ強化を目的に設計された PSoC® 6 マイクロコントローラ ー (MCU) の新製品群を発表しました。新しい PSoC 64 Secure MCU は、超低消費電力の PSoC 6 アーキテ クチャで提供されるハードウェア レイヤー機能に、堅牢な標準ベースのシステム レイヤー セキュリティ ソフト ウェアが統合されています。具体的には、PSoC 64 Secure MCU デバイスは独立した Root-of-Trust を真の認 証およびプロビジョニング サービスと共に提供します。この製品ラインはまた、事前コンフィギュレーション済み のセキュアな実行環境を備えており、さまざまな IoT プラットフォームのシステム ソフトウェアをサポートしなが ら、TLS 認証やセキュア ストレージ、セキュア ファームウェアを管理します。さらに、アプリケーション開発のた めの多機能な実行環境を、セキュアな実行環境で通信を管理するサイプレスの ModusToolbox™スイートから 提供される組み込み RTOS と共に提供します。

Article header 2190226%20 %20cypress%20psoc%206%20secure%20mcu%20line%20release%20 %20j%20 %20final 2  1

サイプレス PSoC 6 64 Secure MCU

PSoC 64 Secure MCU は、Arm Platform Security Architecture (PSA) 認証スキームである PSA Certified™内で レベル 1 準拠として認証された最初の Arm® Cortex®-M プロセッサの 1 つで、Arm® Mbed™ OS オープンソ ース組み込みオペレーティング システムに統合されているセキュアな Trusted Firmware-M (TF-M) が利用で きます。設計者は、Arm PSA の脅威モデルやセキュリティ分析、ハードウェアおよびファームウェア アーキテク チャと組み合わせることで、PSoC 64 Secure MCU を使って自信を持ってセキュア アプリケーションを開発でき るようになります。この製品ラインは、パーソナル ヘルスケア デバイス、医療および慢性疾患管理機器、ホー ム セキュリティ ソリューションなど、ユーザー データの保護と信頼性の高いファームウェアの更新が必要なク ラウド接続製品に理想的です。PSoC 64 Secure MCU の製品群の詳細は、japan.cypress.com/psoc6security を ご覧ください。

サイプレスのマイクロコントローラーおよびコネクティビティ事業部担当上席副社長である Sudhir Gopalswamy は、「IoT デバイスにとってユーザー プライバシーおよびデータ保護の重要性がこれまでになく増し、世界書く 国の政府が国民を保護するための新しい法案を採択しているなか、セキュアな IoT デバイスを設計することは容易ではありません。実現には、アプリケーションやシステム、組み込みシステムのハードウェア レイヤーにわ たるスキルが必要です。サイプレスは、PSoC 64 Secure MCU にシステム セキュリティ ソフトウェアを統合する ことにより、信頼性の高いプラットフォームを提供しながら、設計者が最終製品の差別化に集中できるようにしま す」と述べています。

Arm 社の Emerging Business Group の担当ヴァイス プレジデント兼ジェネラル マネージャーである Paul Williamson 氏は、「1 兆台のデバイスが接続される世界では信頼性が不可欠で、この信頼性の実現は業界の 責任です。PSA Certified によって、IoT ソリューションの開発者とデバイス メーカーは、自らのソリューションが PSA の原則に従ってセキュアな基礎の上に設計されたことを確認できます。Arm Mbed™ OS と Trusted Firmware を使用しているサイプレスは、PSoC 64 Secure ファミリでレベル 1 の PSA Certified ソリューションを初めて実現したパートナーの 1 社です」と述べています。

PSoC 64 Secure MCU の製品ラインの設計は、サイプレスの ModusToolbox™スイートでサポートされます。設計者は、Amazon Web Services (AWS) や Arm Pelion™、Alibaba など、セキュア IoT プラットフォームから好みの システム ファームウェアを選択してアプリケーション開発を行い、セキュアブート イメージのコンフィギュレーシ ョンおよび検証を行うことが可能です。MCU は、セキュア ストレージとファームウェアで構成されるハードウェア ベースの Root-of-Trust を統合しており、コマンド ベースの一連のトラステッド サービスを確立できます。 Root-of-Trust には、真性乱数生成 (TRNG) に加えてハードウェア アクセラレーションによる暗号化が含まれ ます。ModusToolbox スイートは、単一環境内にクラス最高のコネクティビティとプロセッシング、センシング、セキュリティ機能を統合しており、サードパーティ ソリューションへのオープン アクセスも提供します。これによりエンジニアは、差別化された高付加価値の製品の実現に集中することができます。

Embedded World におけるサイプレスの IoT ポートフォリオ出展について

サイプレスは 2 月 26~28 日、独ニュルンベルクのニュルンベルク エキシビジョン センターで開催中の Embedded World 2019 において、PSoC 64 Secure MCU 製品ラインを組み込みシステム ソリューションの全ポ ートフォリオと併せて展示を行っています。

PSoC 6 MCU について

PSoC 6 アーキテクチャは Ultra-Low-Power 40nm プロセス技術で製造され、低消費電力設計手法によりウェアラブル端末の寿命を 1 週間にまで延長します。Arm® Cortex®-M4 および Cortex-M0+のデュアルコア アーキテクチャにより、消費電力と性能を同時に最適化します。デュアルコアとコンフィギュレーション可能なメモリおよびペリフェラル保護ユニットを組み合わせることにより、Arm の Platform Security Architecture (PSA) によって定義されている最高レベルの保護を実現します。また、ソフトウェア ペリフェラルを使用して、E-Ink ディスプレイなどの革新的なシステム コンポーネント向けにカスタム アナログ フロントエンド (AFE) やデジタル インターフェースを開発することが可能です。さらに、業界をリードするサイプレスの CapSense®静電容量センシング技術の最新世代を搭載しており、強力で信頼性の高い最新のタッチ アンド ジェスチャー ベース インターフェースを実現できます。

(1) Cypress や Cypress のロゴ、PSoC および CapSense はサイプレス セミコンダクタ社の登録商標で、Traveo および F-RAMはサイプレス セミコンダクタ社の商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。
(2) 出展:Cypress Semiconductor News Release(報道発表資料)より