サイプレス、IATF 16949国際自動車品質規格の認証を取得

2018.10.04

業界で最も厳しい規格の認証取得で信頼性とフェイルセーフ性能をさらに向上

サイプレス セミコンダクタ社 (米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CY) は 2018 年 10 月 4 日 (米国時間)、自社の製造拠点および関連業務が自動車品質に関する最新の IATF16949:2016 および ISO9001:2015規格の認証を取得したことを発表しました。IATF (International Automotive Task Force) が国際規格コミュニティと協力して策定した IATF 16949 は、自動車業界で最も厳しい品質マネジメント システム規格です。今回の認証取得は、自動車システムのフェイルセーフ動作の実現に不可欠なコンポーネントの確実な性能確保に寄与します。

サイプレスの認証は 2021 年 9 月まで有効です。認証およびサイプレスの品質に対する取り組みの詳細はjapan.cypress.com/support/quality-reliability をご覧ください。

サイプレスの品質およびエンジニアリング担当上級副社長である Sabbas Daniel は、「サイプレスは自動車業界のお客様のパートナーとして、差別化された車載システムの開発を支援していますが、常にそれらのシステムのフェイルセーフ動作に必要な品質と信頼性の提供に重点を置いています。当社の製造拠点と関連業務プロセスが最新のIATF 16949 自動車品質規格の認証を取得したことは、ゼロディフェクトの品質と自動車市場に対するサイプレスの継続的なコミットメントの一環です」と述べています。

サイプレスが実現する最先端車載システム

サイプレスは、世界トップクラスの自動車メーカー企業と協業し、先進運転支援システム (ADAS) や 3D グラフィック ディスプレイ、ワイヤレス接続、フル機能タッチスクリーン、卓越したボディ エレクトロニクスなど、最先端車載システムの開発に取り組んでいます。サイプレスの車載ソリューションには、Traveo™および PSoC® MCU、CapSense®静電容量センシング ソリューション、TrueTouch®タッチスクリーン ソリューション、Wi-Fi® 、Bluetooth®、および USB コネクティビティ ソリューション、電源管理 IC (PMIC)、NOR フラッシュ、F-RAM™および SRAM メモリが含まれます。いずれもゼロディフェクト、優れたサービスの提供、および最も厳格な自動車業 界 規 格 へ の 適 合 に 向 け た サ イ プ レ ス の コ ミ ッ ト メ ン ト に 裏 打 ち さ れ て い ま す 。 詳 細 はhttp://japan.cypress.com/automotive をご覧ください。


(1) Cypress や Cypress のロゴ、PSoC および CapSense はサイプレス セミコンダクタ社の登録商標で、Traveo および F-RAM はサイプレス セミコンダクタ社の商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。
(2) 出展:Cypress Semiconductor News Release(報道発表資料)より