サイプレス、MagSense誘導センシング ソリューションを出荷開始

2018.09.18

PSoC 4700S MCU と評価キットは次世代 UI や工業デザインをサポート

サイプレス セミコンダクタ社 (米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: CY) は 2018 年 9 月 18 日 (米国時間)、MagSense™誘導センシング テクノロジーを用いて非接触の金属センシングを実現する PSoC® 4700S マイクロコントローラー (MCU) シリーズの量産出荷を開始したことを発表しました。このシリーズは、業界をリードするサイプレスの CapSense®静電容量式センシング技術も搭載しており、民生機器や産業機器、車載製品において金属およびその他の素材を使ったスマートな最先端デザインを開発することが可能になります。高度に統合された MCU は、BOM コストを削減し、過酷な環境条件下でも安定動作を実現する優れたノイズ耐性を提供することにより、コスト効率の高いシステム デザインを可能にします。PsoC 4700S シリーズの詳細は japan.cypress.com/PSoC4700 をご覧ください。

Article header news 129417 pic01  2

Cypress CY8CKIT-148 Inductive Sensing 評価キット

サイプレスはまた、PSoC 4700S MCU の設計およびデバッグを可能にする低価格のハードウェア プラットフォームとして、新しく CY8CKIT-148 PSoC 4700S 誘導センシング評価キットを出荷開始しました。このキットは、MagSense 誘導センシング ボタンと近接センサーを搭載しており、ロータリー エンコーダなど各種コイルを評価するための FPC コネクタも装備しています。PSoC 4700S シリーズは、サイプレスの PSoC Creator™統合設計環境 (IDE) で設計が可能で、シンプルなグラフィカル ユーザー インターフェースを使って、MagSense 誘導センシング機能などの量産使用が可能なハードウェア ブロックを、ドラッグ アンド ドロップのみで容易にコンフィギュレーションすることができます。

PSoC 4700S MCU は以下を統合しています。

  • 32 ビット Arm® Cortex®-M0+コア
  • 最大 32KB のフラッシュと 4KB の SRAM
  • GPIO を 36 個
  • プログラマブル アナログ ブロックを 7 個
  • プログラマブル デジタル ブロックを 7 個
  • ボタンやリニア エンコーダ、ロータリー エンコーダ、近接センシングを実装可能なセンサーを最大 16 個


(1) Cypress や Cypress のロゴ、PSoC および CapSense は、サイプレス セミコンダクタ社の登録商標で、PSoC Creator はサイプレスセミコンダクタ社の商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。
(2) 出展:Cypress Semiconductor News Release(報道発表資料)より