サイプレス、スマートシティ アプリケーション向け LoRaWANソリューションに関するSemtech社との協業を発表

2018.06.06

2チップ モジュール ソリューションは、長距離通信、超低消費電力、 セキュリティ、BLE接続機能を実現

組み込みソリューションのリーダーであり、LoRa Alliance™のメンバーであるサイプレス セミコンダクタ社 (米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: CY) は2018年6月6日 (カナダ時間)、カナダのバンクーバーで開催された第10回LoRa Alliance年次総会において、Onethinx社が展開するLoRaWAN™ベースの小型2チップ モジュールについて、Semtech社 (NASDAQ: SMTC) と協業していることを発表しました。Onethinx社のモジュール は複数のセンサーを高度に統合しており、電波状況の悪い環境でも運用が可能でスマートシティ アプリケーションに最適です。サイプレスの PSoC® 6 マイクロコントローラー (MCU) が提供するハードウェア ベースのセキュア エレメント機能と、Semtech社のLoRa® デバイスおよび無線技術 (LoRa Technology) を使用するこのソリューションは、トラスト アンカーを分離した多層セキュリティ アーキテクチャを可能にし、高度に保護されたデバイス-クラウド間接続を実現します。さらに、PSoC 6 MCUはBluetooth® Low Energy (BLE) コネクティビティを搭載しており、シンプルで低消費電力の帯域外領域における制御チャネルを提供します。PSoC 6デバイスは、Cortex-M4コアで有効電力22μA/MHzという低いパワー スロープを持った、業界で最も消費電力が低く、最も柔軟性が高いArm® Cortex®-MデュアルコアMCUです。そのため、前世代のデバイスに比べて50%の消費電力低減(受信モード)と20%の通信距離拡大を実現したSemtech社の最新 LoRa無線チップ ファミリ との組み合わせに最適です。

Article header news 128297 pic01  1

Cypress PsoC 6 IoT MCU

Article header news 128297 pic02  1

Cypress PsoC 6およびSemtech社LoRaWANデバイス 搭載の Onethinxモジュール

 

セキュリティは、多くのスマートシティ アプリケーションにおける最大の関心事です。Onethinxモジュールは、PSoC 6 MCUに搭載のセキュア エレメント機能を利用して、各LoRaWANベース デバイスに、ブート、オンボード、クラウド アプリケーションへのデータ送信をセキュアに行うための秘密の識別情報を与えます。PSoC 6 MCUベースのLoRa対応デバイスは相互認証機能を利用して、認証済みのOver the Air (OTA) ファームウェア アップデートを受信することもできます。また、BoschグループのIoTセキュリティ プロバイダーであるESCRYPT社によってキー プロビジョニングおよび管理サービスが提供されるため、完全なエンドツーエンドのセキュアLoRaWANソリューションが実現します。サイプレスのパートナーであるOnethinx社によって提供されるモジュールは、Bosch Sensortec社のMEMS (微小電気機械システム) センサー用Cross Domain Development Kit (XDK) およびESCRYPT社のプロビジョニング システムとセキュアに接続が可能です。

Semtech社のワイヤレスおよびセンシング製品グループのIoT担当ディレクターであるVivek Mohan氏は、「コンパクトなフットプリントに長い通信距離と低消費電力を誇るSemtech社のLoRa Technologyは、バーティカル アプリケーションに最適です。LoRa TechnologyとサイプレスのPSoC 6 MCUを組み合わせたIoT専用モジュールは、スマートシティやスマートプラネットの推進に必要な最先端のIoTソリューションの提供を加速させるでしょう」と述べています。

サイプレスのMCU事業部マーケティング担当シニア ディレクターであるJack Ogawaは、「LoRaWANネットワーク向けデバイスは、自らが生成および処理するデータをセキュアに保護する必要があります。LoRaWANエコシステムのメンバーと協力して、スマートシティ アプリケーションに取り組む開発者の皆様に、セキュアなPSoC 6 MCUと低消費電力と長い通信距離を誇るSemtech社の新しいLoRa Technologyのユニークな組み合わせを提供できることを楽しみにしています」と述べています。

PSoC 6について

PSoC 6 は業界で最も低消費電力で柔軟性の高い MCU で、Bluetooth Low Energy (BLE) ワイヤレス コネクティビティとハードウェア ベースのセキュリティをワンチップに搭載しています。ソフトウェア ペリフェラルを使用して、E-Ink ディスプレイなどの革新的なシステム コンポーネント向けにカスタム アナログ フロントエンド (AFE) やデジタル インターフェースを開発することが可能です。また、柔軟なワイヤレス接続オプションも用意されており、BLE 5.0 にも対応しています。さらに、業界をリードするサイプレスの CapSenseR静電容量センシング技術の最新世代を搭載しており、強力で信頼性の高い最新のタッチ アンド ジェスチャー ベース インターフェースを実現できます。PSoC 6 MCU アーキテクチャは、サイプレスの PSoC Creator® 統合設計環境・ (IDE) と広範な Arm エコシステムを利用して設計が可能です。PSoC 6 MCU アーキテクチャの詳細は http://japan.cypress.com/PSoC6 をご覧ください。


(1) Cypress や Cypress のロゴは、サイプレス セミコンダクタ社の登録商標で、EZ -PD はサイプレス セミコンダクタ社の商標です。Thunderboltおよび Thunderboltのロゴは、Intel Corporationの米国およびそ他にける商標です。その他すべての名称は、それぞの所有者に帰属します。
(2) Semtech、Semtech ロゴおよび LoRa は、Semtech Corporation またはその関連会社の登録商標もしくはサービス マーク、LoRaWAN は Semtech Corporation またはその関連会社の商標もしくはサービス マークです。
(3) 出展:Cypress Semiconductor News Release(報道発表資料)より