Article header tecdata 870x300  90

反射の基礎

説明


 信号の伝送速度は年々高速化してきています。従来のように、線を繋げば動作するということはほとんどなくなってきました。数十 Mbps を超えてくると反射やクロストークの収束が待てなくなり、問題が顕在化してきます。以前の設計でダンピング抵抗を 33 Ω にしていたから、今回も 33 Ω という具合ではいずれ対応できなくなり、問題が生じてきます。経験則だけではなく、そのメカニズムをきちんと理解することが重要です。

ELS5011_S000_10__1.pdf

ドキュメントはこちら...

関連タグ