Article header tecdata 870x300  84

集中定数と分布定数

説明


 この資料では、分布定数回路と集中定数回路ではどのように信号の振る舞いが違うのか、またその境界はどこにあるのかなどについて解説します。

 デバイスの立ち上がり/立ち下がりの高速化に伴い、短い線路長であっても分布定数回路として考慮する必要がでてきました。 分布定数回路の振る舞いを正しく理解することは、反射やクロストークなどの対策を講じる上でも重要です。

ELS5013_S000_10__1.pdf

ドキュメントこちら...

関連タグ