Article header tecdata 870x300  94

巨大カウンタの設計と評価

説明


 巨大なカウンタやシーケンサは評価に膨大な時間を要します。そこで、分割評価を可能とする設計手法を提案します。

 デバッグ用の回路を追加しておくことで、評価時間や評価品質を改善することができます。

ELS5006_S000_10__1.pdf

ドキュメントはこちら...

関連タグ