Article header library 130657  1

LTspiceを使ってみよう - 簡単!5ステップで回路図を書く方法

LTspiceを使ってみようとインストールをしても、参考書を見ながら入力してみて途中で挫折したり、エラーが発生して所望の結果が得られなかったりしたことありませんか? 
その様なお悩みを解決する為の、「5ステップで回路図を書く方法」をご紹介します。

5ステップで回路図を書く方法

今回は、スイッチング・レギュレータLT8614を使用した回路図を作ってみたいと思います。

ステップ1

デスクトップ上のLTspiceXVIIのアイコンをクリックするか、スタートメニューからLTspiceXVIIを選択してLTspiceを起動します。

Article header ltspice exe  2

図1:LTspiceXVIIの起動

ステップ2

メニュー左上のNew Schematics(赤枠部分)をクリックするか、ファイルメニューからNew Schematicsを選択します。すると、回路図作成用のブランク・シート(Draft1.asc ファイル)が開きます。

Article header new schematics  1

図2:New Schematics

ステップ3

メニューのコンポーネント(赤枠)をクリックするか「F2」を押します。 すると、「Select Component Symbol」という部品を選択するメニューが立ち上がります。

Article header component  1

図3:Select Component Symbol

ステップ4

シミュレーションしたい部品名「LT8614」を「Select Component Symbol」メニュー図4の赤枠部分に入力します。すると、自動的に部品が選択されます。

Article header select component symbol  2

図4:部品の選択

ステップ5

最後に、図4の青枠部分にある「Open this macromodel's test fixture」ボタンをクリックします。

すると、周辺部品が配置された回路図を得ることができます。

※ 回路図を用意していない製品もあります。その場合、「Open this macromodel's test fixture」ボタンがアクティブになりません。

Article header lt8614  1

図5:LT8614回路図

シミュレーションの実行

この状態で「RUN」をクリックしてシミュレーションを実行して頂くことで、回路の動作を確認して頂く事ができます。

この用意されている回路を「JIG」と呼びます。
今回のJIGファイルは、5V出力設定の回路になっています。必要な入出力条件(例えば、3.3V出力など)の回路図が必要な場合、まず製品のデーターシートを確認してください。

あとは、データーシートにある回路図を通りにJIGファイルを修正して実行することで、所望のシミュレーション結果を得ることができます。

JIGファイルを使うことで、回路図作成の効率化ができますし、入力ミスも少なくなると思います。
有効にJIGファイルを活用して頂ければと思います。

Article header lt8614 3p3  1

図6:データーシートから抜粋(3.3V出力設定の回路図)

最後に

まだLTspiceを使ったことがない方は、下記のリンクよりLTspiceをダウンロードしてみてください!

ぜひ、一度お試しください。

LTspiceのダウンロードはこちら

 

おすすめ記事/資料はこちら

おすすめセミナー/ワークショップはこちら

関連タグ