Article header library 130329 %e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80 v2  1

ファクトリーオートメーション化やIoTに最適なEEPROM

ON Semiconductor社が提供する“N24RFxx” シリーズは、マイクロコントローラと通信するためのI2Cインターフェース準拠に加えて、RFIDインターフェースにも準拠したEEPROMとなっております。よって、無線で読み書きできるEEPROMとして、工場の生産工程の自動化に向けたファクトリーオートメーションやもののインターネットIoTをご検討頂く際に最適なメモリとなっております。

この記事では“N24RFxx”シリーズの以下の4つの特長について解説します。

  1. RFIDとI2Cの二つのインターフェース完備
  2. 高い信頼性
  3. Energy Harvesting Analog Output付き
  4. 様々な使用用途と容量のラインナップ

1. RFIDとI2Cの二つのインターフェース完備

13.56MHzの周波数を利用して通信を行うRFIDの国際標準規格ISO 15693 / ISO 18000-3 Mode1に準拠しております。またI2Cにおいては、400kHzのFast modeと1 MHz のFast mode plusの両方をサポートしております。

2. 高い信頼性

本製品は、データ保持期間、書き換え回数も従来品の2倍、動作温度も従来品に比べ30℃ほど高い105℃までとなっております。
パラメータ N24RFxx 従来品
温度範囲 -40℃ ~ 105℃ ~ 80℃
データ保持 200年 100年
耐久性 200万回 100万回
I2C通信 1MHz対応 (Fm+) 400KHzまで (Fm)

3. Energy Harvesting Analog Output付き

本製品において、末尾にEがついたN24RFxxEは、Energy Harvesting Analog Output付きの製品となっております。このエネルギーハーベスティングモードがイネーブルされ、RF電界強度が十分であるときにVoutピンより利用可能なアナログ電圧Voutを供給します。ゆえに、本機能により電源供給無しでRead/Write可能です。

Article header library 130329 pic02  2

Functional Symbol(機能図)

4. 様々な使用用途と容量のラインナップ

本製品は、アプリや量産ラインなどのメンテナンス時に、データを基板に書き込む際に物理的にケーブルを刺さずにデータの読み書きができます。よって、ファクトリーオートメーション化においては、作業履歴、工程履歴の確認などを行うための用途などに使用でき、またIoT化では、エアコンの仕様書き換え等の用途などに使用できます。メモリ容量のラインナップについても、4kbit/16kbit/64kbitの三種類を用意してあります。

Article header library 130329 pic03  3

使用用途

アプリケーション例

  • 産業 [工場追跡/サプライチェーン]
  • 医療
  • アクセス制御、識別
  • Smart Home [スマートデバイス/スマート家電/照明]

Article header library 130329 pic04  2

Article header library 130329 pic05  2

Energy Harvesting Analog Output付きである、製品型番の末尾にEがついたN24RFxxEについてのご質問やご購入依頼については、下記よりお問い合わせください。

商品の購入はこちら

メーカーサイト/その他関連リンクはこちら

関連タグ