Article header library 129865  1

光トランシーバの試験に必要な物

光トランシーバの試験には何が必要か

光トランシーバとは?の記事では、光トランシーバの概要を紹介しましたが、本記事では一般的な試験(評価)方法を紹介します。

今回は、光トランシーバの試験に利用する製品をお探しの方向けに、MultiLane社の製品を使ったSFP+(10Gbps)からQSFP28(100Gbps)の試験構成を紹介します。

一般的な光トランシーバの試験構成

光トランシーバの試験には、BERT(Bit Error Rate Tester)やDSO(Digital Sampling Oscilloscope)といった以下の物が必要になります。

  • BERT(ビット誤り率測定器)
  • DSO(デジタルサンプリングオシロスコープ)
  • Module Compliance Board(光モジュールコンプライアンスボード)
  • Host Compliance Board(ホストコンプライアンスボード)
  • Loopback Module(ループバックモジュール)

ここでは、伝送路特性と、光モジュール特性を評価したい場合の構成について紹介します。

※これ以降は、以下の製品について略称を用いています。
  • Module Compliance Board → MCB
  • Host Compliance Board → HCB
  • Loopback Module → LB

1. 伝送路特性評価

測定用のプローブポイントを設けることで信号が反射してしまう高速信号の伝送路で、HCBとDSO・BERTを組み合わせて使用することにより、特性損失を抑えた波形測定やエラーレート測定を行うことができるため、正確な伝送路特性の評価が可能です。また、SFPケージが実装されているDUTのインタフェース変換としても使用可能です。

評価対象(DUT) – DSP、FPGA、PHY

Article header library 129865 pic01  1

伝送路特性評価の構成図

2. 光モジュール特性評価

光モジュールのコンプライアンス試験対応のHCB基板を使用し、最適化された評価環境での測定が可能です。高速回路の設計開発経験がなくても容易にモジュールの特性評価を実施することができます。

評価対象(DUT) – SFP+、QSFP+、SFP28、QSFP28

Article header library 129865 pic02  1

光モジュール特性評価の構成図

2つの試験構成で利用可能なMultiLane社の製品

先ほど2つの試験構成でご紹介した以下の製品についてご紹介します。
  • BERT(ビット誤り率測定器)
  • DSO(デジタルサンプリングオシロスコープ)
  • Module Compliance Board(光モジュールコンプライアンスボード)
  • Host Compliance Board(ホストコンプライアンスボード)
  • Loopback Module(ループバックモジュール)

BERT(ビット誤り率測定器)

Article header library 129865 pic03  1

ML4039D

ML4039D:QSFP28デバックに最適な4CH BERT

PPG(Pulse Pattern Generator)
  • 4CH NRZ(9-14.3、22-29.6Gbps)/PAM4(22-29.6GBaud)対応
  • PRBS13Q、PRBS31Q、SSPRQサポート
  • FEC(KR4、KP4)エミュレータ機能でBER見積可能

ED(Error Detector)
  • Adaptiveイコライザ(FFE/DFE)搭載 14dB(max)
  • 設定可能なCTLE(0-9dB)機能
  • EYEヒストグラム機能

DSO(デジタルサンプリングオシロスコープ)

Article header library 129865 pic04  1

ML4015D

ML4015D:56GBdまで対応した広帯域&高感度光オシロスコープ

  • 40GHz帯域幅&5uWノイズフロアで高受光感度-9dBm at 53.125GBd
  • 光オシロと電気オシロの組み合わせ可能(*1CH/2CH/4CH)
  • 56GBd CDR内臓 *Option
  • PAM4 TDECQ測定サポート
  • S4P De-embedding可能

Module Compliance Board(光モジュールコンプライアンスボード)

MSAに準拠した光モジュールを特性評価することが出来ます。CFP、CFP2、CFP4、CFP8、SFP、SFP+、SFP28、QSFP+、QSFP28、QSFP-DDのラインアップを取り揃えており、各MSAに準拠し操作性に優れたGUIも提供いたします。

Article header library 129865 pic05  1

MulltiLane社 Module Compliance Board製品

製品ラインナップ
製  品 モジュール Supports
ML4042 CFP2 10x10G
ML4027-ACO CFP2-ACO 4x32G
ML4027-DCO CFP2-DCO 8x50G
ML4049 CFP4 4x28G
ML4057 CFP8/CFP8-ACO 16x25G, 8x50G
ML4041-K QSFP+/QSFP28 4x28G
ML4024 SFP/SFP+/SFP28 1x28G
ML4062-MCB QSFP-DD 8x50G
ML4064-MCB OSFP 8x50G

Host Compliance Board(ホストコンプライアンスボード)

お客様が開発されている装置のポートに挿入することで、電気特性を測定することが出来ます。BERTやDSOと組み合わせてご使用頂くことで、ASICやFPGA等からポートまでのシグナルインテグリティ(波形品質)を評価頂けます。

Article header library 129865 pic06  1

MulltiLane社 Host Compliance Board製品

製品ラインナップ
製  品 モジュール Supports
ML4028 CFP2 10x10G
ML4028-ACO CFP2-ACO 4x32G
ML4028-DCO CFP2-DCO 8x50G
ML4052 CFP4 4x28G
ML4058 CFP8/CFP8-ACO 16x25G, 8x50G
ML4058-N
ML4020-MXP QSFP+/QSFP28 4x28G
ML4020-MSMPM
ML4020-N-MXP
ML4020-N-MSMPM
ML4023 SFP/SFP+/SFP28 1x28G
ML4023-N
ML4062-HCB1 QSFP-DD 8x50G
ML4062-HCB2
ML4064-HCB1 OSFP 8x50G
ML4064-HCB2

Loopback Module(ループバックモジュール)

お客様の基板上でPRBS信号または任意の信号を発生させ、モジュールポートでループバックをさせることにより、ポート毎にBERを確認出来ます。 CFP、CFP2、CFP4、CFP8、SFP、SFP+、SFP28、QSFP+、QSFP28、QSFP-DDタイプのラインアップを取りそろえており、各MSAに準拠した機能で動作させることができます。

Article header library 129865 pic07  1

MulltiLane社 Loopback Module製品

製品ラインナップ
製  品 モジュール Supports
ML4029 CFP2 10x10G
ML4030-SR10 4x32G
ML4043-SR10 8x50G
ML4030-ACO 4x32G
ML4030-LR4 4x25G
ML4030-DCO 8x50G
ML4050 CFP4 4x28G
ML4059 CFP8/CFP8-ACO 16x25G, 8x50G
ML4002-28 QSFP+/QSFP28 4x28G
ML4012-28-LC
ML4002-28-C5
ML4026-28-0dB SFP/SFP+/SFP28 1x28G
ML4026-28-5dB
ML4062-R QSFP-DD 8x50G
ML4062-S
ML4064 OSFP 8x50G

お見積りや試験機材でお悩みの方はぜひご相談ください

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した製品のお見積りや製品の詳細情報のお問い合わせは、マクニカオンラインサービスの問い合わせフォームをご利用ください。

また、試験機材の選定でお困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。

おすすめ記事/資料はこちら

関連タグ