Article header library 129025  1

[靴診察機] 第5話 筐体作製はつらいよ

筐体作製

こんにちは、こてっち です。

前回は断線に苦戦しつつも、全てのセンサ・ICの半田付けが完了しました。
[靴診察機] 第4話 いきなり実装は怖いよ

いよいよ筐体作製に入ります。
筐体を組み上げ、各基板を同時に動かします。
これまで基板毎にしか動作確認していなかったため心配です・・・。

まず筐体として段ボールの箱を用意しました。
そこに穴を開けながら上手い具合に基板やセンサを配置していきます。
またテープで線を固定しつつキレイにしていきます。(キレイにしきれませんでした)

Article header library 129025 pic01  1

筐体内部①

壁には6個の赤外線LEDと赤外線センサ、地面には4つの圧力センサを配置しています。
4本の柱(圧力センサ)の上に白のアクリル板を乗せれば完成です!

Article header library 129025 pic02  1

筐体内部②

ちょろっとでているのはにおいセンサで、靴を入れた後、靴の中にセンサを入れます。

動作確認

いよいよ全体の動作確認を行います。
動いてくれ!

・・・。

LEDが指示通りに光りません。絶望的な状況となりました。

「問題の解決は切り分けが大事」というお言葉を先輩から頂いていたので、何が動いていなくて何が動いているのか、どこまで動いているか、どこから動いていないのか。そういったチェックを地道に始めます。

ソフトはブレッドボード実装の際に確認しているので、ハードが悪いということになります。

考えられるのは半田付けの失敗と断線です。

シフトレジスタとLEDドライバ周りの導通の確認を行います。一度筐体を崩して配線のチェックをしていきます。

壁や地面に張り付けた線もあるので、一度全部外さなければなりません。
苦労して筐体を壊した後、テスターで導通の確認。いくつかのミスを発見し半田付けをし直します。筐体を再度組み直し動作確認。

光るパターンは変わりましたが、まだ思い通りに光りません。
また筐体をばらして・・・という作業を繰り返します。

何度直しても動かない!

本当に苦労しました。
筐体や基板を、容易に取り外しができるように作るべきだったと反省しています。

Article header library 129025 pic03  1

苦労時の様子

何日も何日も頭を抱えました。
LEDを希望通りに点灯させることに成功した時は、思わず涙があふれました。

箱の開閉機能

筐体も完成し、最後に箱フタの開閉機能を作ります。
仕様書通りにモータを配置し、いざ回転!

PWMの制御次第でいつか良い感じにフタが開くと思っていました。何度試してもフタが動かず。

明らかにパワー不足でした。残された時間も少なくなり、機能を諦めることも考えましたが、ぎりぎりまで粘ります。

モータのパワーが足りない以上、フタの開閉機構を変更するしかありません。限られた時間、残された材料でフタを開かなければなりません。

フタをスライド式で開けようとするとモータのパワーは少なくすみそうですが、スライドのギア部分が作れません。どうすればと悩み先輩等に知恵をお借りしました。

「段ボールがギアになるというのを見たことがある」

という情報を頂き、急いで段ボールギアと木軸を作りフタの開閉を試してみます。

Article header library 129025 pic04  1

開閉機構

圧倒的な手作り感。
いけるか!?

・・・。

ジャジュジュュィン!!

おぉおおおおおおお!!!!

今にも壊れそうな音が鳴りますが、しっかりと開閉ができています!
後は発表会だけです!

製品完成

製品が完成しました。
やや不安定な部分もありますが、後は発表だけです!

次回、[靴診察機] 第6話 製作実習 終 です。頑張っていきます。

この記事で使用した商品はこちら

2018年度 翔け新人!エンジニア奮闘記はこちら

翔け新人!エンジニア奮闘記とは?

マクニカのエンジニアが新人時代に研修中に感じた疑問、制作実習での奮闘、発生したトラブルを解決するまでのフローなど紹介します。個性あふれる新人たちが奮闘から会得した実用的なノウハウを業務にご活用ください。

翔け新人!エンジニア奮闘記 著者紹介はこちら

関連タグ