Article header library 128557  1

IO-LINKインターフェースを簡単に実現できる "TIOL111-5" とは?

IO-Link規格に対応した "TIOL111-5" トランシーバ

TIOL111-5 はTexas Instruments社が提供しているIO-Link トランシーバです。

IO-Linkは "IEC 61131-9" で標準化されたI/O接続技術です。
従来は工場設備のセンサ、アクチュエータごとにシリアル通信やアナログ/デジタル信号が混在しており、配線の手間や異常個所特定が難しいという課題がありました。

工場設備にIO-Linkを採用することでシームレスにデジタル双方向通信を行うことができます。

TIOL111-5 には以下の大きな特長・メリットがあります。

  1. 簡単にIO-Linkインターフェースを実現
  2. "2.5mm×3.0mm" 業界最小のパッケージサイズ
  3. サージ保護が内蔵されており、外付け部品を削減
  4. シンプルな通信で、マイコンと簡単に接続

それぞれの特長について以下に解説します。

1. 簡単にIO-Linkインターフェースを実現

IO-Linkインターフェースが実装されており、デバイスが3線式のインターフェース経由でIO-Linkマスタに接続されていれば、通信を開始してデータを交換できます。

2. "2.5mm×3.0mm" 業界最小のパッケージサイズ

業界最小の熱特性を強化したIO-Linkパッケージ。スペースの限られたアプリケーションでもご使用いただけます。

3. サージ保護が内蔵されており、外付け部品を削減

サージ保護用のTVSダイオードなどがチップ内に内蔵されております。部品点数が削減でき、実装面積を小さくすることが可能です。

4. シンプルな通信で、マイコンと簡単に接続

ピンのH/Lにより制御可能なシンプルなインターフェースにより、マイコンの回路と簡単に接続できます。

Article header library 128557 pic01  1

接続図

TIOL111-5 を開発するための評価モジュール

TIOL111-5EVM は、TIOL111-5を使用してIO-Linkシステムの迅速な開発を行うことができます。

Article header library 128557 pic02  1

評価モジュール

この評価ボードは以下の手順で、すぐに評価を開始できます。

  1. IO-Linkケーブルを評価ボードのIOLinkに接続します。
  2. 評価ボードをDC電源に接続します。CQ信号はオシロスコープ上でモニタするか、テスト負荷に接続します。
  3. 評価ボードにてTX入力とEN入力を駆動し、RX、WAKE、およびNFAULT出力を測定ができるようになります。

アプリケーション例

  • IO-Linkセンサとアクチュエータ
  • ファクトリ・オートメーション
  • プロセスオートメーション

Article header library 128557 pic03  1

アプリケーション例

製品概要

型  名 TIOL111-5EVM
機  能
  • 5V/20mAのLDOを備えたTIOL111-5 IO-Linkトランシーバのサポート
  • 5V/20mAのLDO付きTIOS101-5デジタル出力ドライバのサポート
  • TIOL111-5、TIOL111-3、またはTIOL111IO-Linkトランシーバをサポート
  • TIOS101-5、TIOS101-3、またはTIOS101デジタル出力(SIO)ドライバをサポート
  • 基板上のポテンショメータを使用して、出力電流の設定が可能
  • 各信号測定のピンヘッダー、動作表示用のLEDを搭載
  • 複数のセットアップオプションと設定が可能


商品の価格情報・在庫状況はこちら

メーカーサイト/その他関連リンクはこちら

関連タグ