Article header library 128545  1

FA機器に最適!高耐久性を誇るEthernetトランシーバ "DP83822"

FA環境に最適なEthernet トランシーバ

"DP83822" はTexas Instruments社が提供している10/100 Ethernet物理層トランシーバです。
この記事では、DP83822 の以下の3つの特長・メリットについて解説します。

  1. 業界最高の耐久性、厳しい環境でのFA機器やモータドライブとのI/Fに最適
  2. EtherCAT® に対応
  3. 低消費電力

1. 業界最高の耐久性、厳しい環境でのFA機器やモータドライブとのI/Fに最適

DP83822 は以下の性能を満たしています。

  • 静電気放電人体モデル(HBM):±16kV以上
  • 静電気放電保護性能:±8kV以上
  • 温度範囲:−40〜125℃ (型名により-40〜85℃)

静電気耐性において競合他社の2倍以上、使用温度範囲は-40~125℃(DP83822H)、業界最高水準の耐久性です。

厳しい環境下にさらされるファクトリー・オートメーションや、モータ制御において最適なデバイスです。

2. EtherCAT® に対応

DP83822 は、耐環境性、高動作温度範囲を備えているため、今後、FA機器、モータドライブなどに普及が予想される EtherCAT® で通信をする場合でもご使用いただけます。

EtherCAT® とは、Ethernetと互換性のある産業用オープンフィールドネットワーク規格の一つで、ドイツの企業 ベッコフオートメーションが提唱しています。

産業用オープンネットワークとしては、EtherCAT® の他にも、PROFINET、Ethernet/IP などでも使用可能です。

3. 低消費電力

DP83822 には3つの省エネルギーモードを搭載しています。

  • ノーマルモード
  • アクティブ・スリープモード
  • パッシブ・スリープモード

省エネルギーモードを利用することによって適切に消費電力を抑えることができます。

1.8V電源で利用した場合、アナログ電源の消費電力は110mW以下です。
※ 条件:100Base-TX、RMII、Link-up、伝送無し

<応用例: EtherCAT® ブロック図>

Article header library 128545 pic01  1

ブロック図

すぐに開発を開始できる"DP83822EVM" 評価モジュール

DP83822EVM は DP83822 を開発するための評価モジュールです。

DP83822EVM は10/100Mbpsをサポートし、IEEE 802.3u規格に準拠しています。

また、MII、RMII、およびRGMII MACインターフェースをサポートしているため、ユーザーが必要な機能評価をすぐに行えるようになっています。

DP83822EVM には2つのオンボードステータスLED、オンボードLDO付き5V USBコネクタ、USB-2-MDIOツールを使用してアクセス可能なSMI(シリアルインターフェース)があります。

Article header library 128545 pic02  1

評価モジュール

評価ステップ

この評価モジュールは以下のステップで簡単に評価を行うことが可能です。

1. ジャンパ設定で電源を設定

Article header library 128545 pic03  1

電源の設定

2. 基準クロック周波数をジャンパ設定

Article header library 128545 pic04  1

基準クロック周波数の設定

3. LED LINK / ACT用のジャンパ設定

Article header library 128545 pic05  1

LED LINK / ACT用の設定

4. 5.0VマイクロUSB電源を接続して電源オン

5. CAT5、CAT5EまたはCAT6ケーブルをRJ45コネクタに接続
イーサネットケーブルの遠端をリンクパートナーに接続

以上で接続が正常に動作すれば、評価モジュールのLED表示で確認することができます。

アプリケーション例

  • 産業用ネットワークとファクトリー・オートメーション
  • モータおよびモーションコントロール
  • IPネットワークカメラ
  • ビルオートメーション

Article header library 128545 pic06  1

アプリケーション例

製品概要

型  名 DP83822
仕  様
  • 100BASE-TX、100BASE-FXおよび10BASE-T準拠
  • MII、RMIIマスタ、RMIIスレーブおよびRGMII MACインターフェース
  • 低電力モード搭載
  • IEEE 1588 SFD(タイムスタンプが可能)
  • CAT5ケーブルを使用して150m以上の伝送が可能
  • アナログ向け電源電圧:1.8Vまたは3.3V
  • I/O向け電源電圧:1.8V、2.5Vまたは3.3V
  • 光ケーブル/カッパーケーブル対応可能
  • 10μs 未満の高速リンクロス検出機能
  • 各種 EtherCAT、PROFINET、Ethernet/IPに対応可能


おすすめ記事/資料はこちら

商品の価格情報・在庫状況はこちら

メーカーサイト/その他関連リンクはこちら

関連タグ