Article header library 127941  1

ミリ波センサでジェスチャー認識 ~医療現場/工場内での活用~

今注目のミリ波センシングは、電磁波を使用して通信やイメージング、センシングを行う技術です。車載や産業機器などの様々な分野で応用が可能ですが、今回は産業機器で活用できるジェスチャー認識を、Texas Instruments社製(以下TI社)ミリ波センサで実現したデモンストレーション動画の内容をご紹介します。

TI社ミリ波センサを用いたジェスチャー認識デモ

※英語字幕付きでご覧になる方は、動画下部のCCマークをクリックし、Engllishを選択してください。

動画の流れ

0:00 - 0:14 概要紹介
  • ミリ波センシングで距離・速度・角度などのユニークなデータ取得のデモ
  • ジェスチャー認識のアプリケーションで、取得したデータが実際どのように使用されるかを解説

0:14 - 0:30 デモ#1の解説
  • ミリ波センシングにより角度を認識し、センサに対する手の相対位置を決定
  • デモではスワイプジェスチャーを認識し、ビデオプレーヤーに対する次のビデオへ移るトリガとして使用

0:30 - 0:53 デモ#2の解説
  • ミリ波センシングにより速度を認識し、指をくるくる回したときの回転角度を決定
  • MRI画像データを見る際の、ズームアップとズームダウンとして使用
  • ミリ波センサと認識部分の間に遮蔽するものがあっても検出可能

0:53 - 1:24 ジェスチャーセンシングの活用イメージ例を紹介
  • 医療現場:手術室で清潔を保つために直接装置に触れられない場合
  • 工場:手袋をしている、もしくは埃・塵が多くタッチパネル操作が難しい場合

押さえておきたいポイント

ミリ波センサで検出できるもの

物体の距離・速度・角度を非接触で検出可能

遮蔽物があっても検出可能

材質は、石壁やベニヤ板、ガラス、プラスチックであればセンサ部を遮蔽しても検出可能

ミリ波センシングの応用例

ジェスチャー認識(動画内で紹介)
医療用装置、工場内装置で直接装置に触れられない環境での使用

Article header library 127941 pic01  1

ジェスチャー認識の応用場面

デモ動画で使用したTI評価ボード

IWR1443BOOST

産機向けIWRシリーズ IWR1443は、シングルチップで内部ハードウェアアクセラレータを搭載しているミリ波センサで、評価ボードにはアンテナやマイコンへの接続インターフェースを搭載しています。本ボードとTI社提供のオンラインツール "mmWave Demo Visualizer" を用意すればすぐ動作検証が可能なので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

mmWave Demo Visualizerはこちら

Article header library 127941 pic02  1

IWR1443BOOST

詳細情報をお求めの方は、ぜひお問い合わせください

Macnicaフォーラムへの投稿は会員登録が必要です。詳しくはフォーラム内のヘルプをご覧ください。

おすすめ記事/資料はこちら

メーカーサイト/その他関連リンクはこちら

関連タグ