Article header library 127925  1

USB Type-C 対応クロスポイントスイッチを評価 "HD3SS460EVM"

オルタネートモードに対応したクロスポイントスイッチ "HD3SS460" とは?

HD3SS460 はTexas Instruments社(以下 TI社)が提供しているUSB Type-Cオルタネートモードに対応したクロスポイントスイッチです。
オルタネートモードでは、USB以外の規格、DisplayPort、HDMI、PCIeなどの信号もUSB Type-Cケーブル1本で通信を行うことができます。

HD3SS460 は大きく以下のような特長があります。

1. 高速通信に対応したマルチプレクサ機能

HD3SS460のマルチプレクサ機能は、USB3.1(Gen1)の5Gbps、Display Port 1.2a(オルタネートモード)の5.4Gbpsに対応しています。
※低速SBU信号のマルチプレクサも含んでいます。

2. アダプティブ・コモンモード・トラッキングに対応

HD3SS460はコモンモード電圧範囲0-2Vで1800mVppまでの差動信号であれば動作します。

3. 温度範囲 -40〜85℃に対応

産業用温度範囲(-40〜85℃)に対応しています。

簡単に評価できる "HD3SS460EVM-SRC" ボード

HD3SS460 を簡単に評価する方法として、TI社では HD3SS460EVM-SRC 評価ボードが用意されています。
HD3SS460EVM-SRC 評価ボードには以下のようなインターフェースを搭載しています。

  • USB Micro Bコネクタ×1
  • DisplayPortコネクタ×1
  • 電源コネクタ(5V)×1
  • USB Type-Cコネクタ×1

Article header library 127925 pic01  1

HD3SS460EVM-SRC 評価ボード

この評価ボードには以下のような特長があります。

1. プラグアンドプレイ設計

接続すればすぐに評価を開始できる設計

2. オルタネートモードを簡単に評価可能

DisplayPort コネクタも実装されているため、DisplayPort をType-C 経由で転送できます。

接続方法

ここではHD3SS460EVM-SRC を2台使用して評価する場合の接続方法をご紹介します。下の例では左側をホスト、右側をスレーブにしています。
USB またはDisplayPort で2台の評価ボードを接続すると、簡単に評価を開始できます。

Article header library 127925 pic02  1

接続方法

アプリケーション例

  • 携帯電話、タブレット
  • ノートブックパソコン、デスクトップパソコン
  • オールインワンドッキングステーション

Article header library 127925 pic03  1

アプリケーション例

製品概要

型  名 HD3SS460EVM-SRC ※HD3SS460デバイス評価ボード
特  長
  • オルタネートモード(AlternateMode)に対応し、USBとDisplayPort をType-Cケーブルで転送できます。
  • プラグアンドプレイ設計ですぐに利用可能
  • USB3.1 Gen1対応 5Gbps


商品の購入はこちら

メーカーサイト/その他関連リンクはこちら

関連タグ