Article header library 127025  1

LTspiceを使ってみよう -「.meas」で最大・最小電圧値の確認方法

前回の LTspiceを使ってみよう - 出力過渡応答性の確認 では、出力電圧値をマウスホールド操作やカーソル追加機能を使って値を求める方法を紹介しました。

LTspiceを使ってみようシリーズ 一覧はこちら

今回は、「.measure」コマンド(以後、省略形「.meas」)を使って、自動で電源回路の電圧変動の最大・最小値を表示するシミュレーションを紹介します。

μModule® LTM8065の電圧変動値を確認してみよう!

LTspiceを使ってみよう - 基本編 を参考にして、μModule® LTM8065の回路図を呼び出します。
今回、0.5A→2A間で変動する負荷をLTM8065に与えるシミュレーションを行います。

変動負荷の設定方法はこちら
LTspiceを使ってみよう - 出力過渡応答性の確認

シミュレーションの実行

「RUN」ボタンを押して、シミュレーションを実行します。出力(OUT)のノードと負荷電流(I1)をプローブして、出力電圧・電流波形を確認します。

次に、シミュレーション結果の赤枠部分を拡大してみました。

Article header library 127025 pic01  1

LTM8065回路図とシミュレーション波形

この拡大したシミュレーション結果上でマウスホールドやカーソルを用いて、負荷変動時の電圧変動値を確認することができます。

マウスホールド操作の詳細はこちら
LTspiceを使ってみよう - DC-DCコンバータの動作確認

本当に最大値・最小値が検出できているのか不安

しかし、それらの方法では、本当に赤丸部分の最大値・最小値にカーソルを合わせているか不安が残ります。
シミュレーション中に、自動で電圧の最大・最小値を求めることが出来たら楽ですね。

Article header library 127025 pic02  2

リップル電圧確認(マウスホールド操作)

「.meas」コマンドで電圧変動の最大・最小値の確認

「.meas」コマンドでシミュレーション結果から電圧変動の最大・最小値を求めることが可能です。

1.回路図ウィンドウ上で右クリックすると下記メニューリストが現れます。
  「Draft」→「.op SPICE Directive」を選択します。

Article header library 127025 pic03  1

SPICE Directiveの選択

2.「Edit Text on Schematics」のウィンドウが開くので、電圧変動を測定する「.meas」コマンド文を
  次のように書きます。

.meas TRAN A pp V(out) from 0.6m to 1.5m

Article header library 127025 pic04  1

Edit Text on Schematics

3.「RUN」ボタンを押して、シミュレーションを実行します。

4.シミュレーション終了後、回路図ウィンドウ上で右クリックすると下記メニューリストが現れます。
  「View」→「SPICE Error Log」を選択します。

Article header library 127025 pic05  1

SPICE ERROR LOGの選択

5.テキストファイルが開きます。

テキストの赤枠部分に電圧変動の最大・最小の値 a: PP(v(out))=0.13939が表示されます。一文追加するだけ  で、簡単に最大・最小値を求めることが出来ました。

Article header library 127025 pic06  1

SPICE ERROR LOG

コマンドに関する説明

  1. .meas : シミュレーション結果から測定する場合に使用するコマンド
  2. TRAN : Transient解析のシミュレーション実行時に使う
  3. A:測定結果の名前(何でも良い。複数表示させた場合に分かり易くするため)
  4. pp:peak to peak (最大・最小値)を求める
  5. V(out):OUTノードの電圧
  6. from 0.6m to 1.5m:0.6msecから1.5msecの間

Article header library 127025 pic07  1

.meas TRAN A pp V(out) from 0.6m to 1.5m

今回検証したLTspiceデモ・ファイル

LTspiceインストール済のパソコンで、zipファイルを同一フォルダに解凍後、LTspiceを実行すると波形表示が自動的に始まります。

8065__1.zip

.measシミュレーションファイル

最後に

今回は「.meas」に関する内容でしたが、他にも多種多様なコマンドが用意されています。今後も様々な機能についてご紹介していきますので、引き続きよろしくお願いします。

まずは下記リンクよりLTspiceをダウンロード!ぜひ、一度お試しください。

LTspiceのダウンロードはこちら


おすすめ記事/資料はこちら

おすすめセミナー/ワークショップはこちら

関連タグ