Article header library 124689  2

LEDを簡単実装!SensorTag向け拡張ボード DEVPACK-LED-AUDIO

Texas Instruments(以下TI)記事の中でも特にSensorTagに関する記事を多く掲載しておりますが、SensorTagの拡張ボードがあることは皆様ご存知でしょうか?今回はSensorTagの拡張ボード「DEVPACK-LED-AUDIO」の特徴と使い方についてご紹介します。

SensorTag向け拡張ボード DEVPACK-LED-AUDIO で出来ること

DEVPACK-LED-AUDIOはTI社製のSensorTag向けに提供されている拡張ボードです。

このボードには、4つのLED、USB電源、オーディオアンプ(TAS2505)が搭載されており、SensorTagからPWM制御で4つのLEDを調光します。また、オーディオアンプはI2Sで接続されていますが、残念ながら現在のSensorTagのソフトウェアではオーディオ出力には対応しておりません。

Article header library 124689 pic01  1

LEDライトを接続した状態(イメージ)

SensorTagについてはこちらの記事をご参照ください。
SensorTag(CC2650STK)の3つの特長

特徴

  • SensorTagに取り付け可能な評価キット(下記の図参照)
  • 4つのLED(赤、青、緑、白)をPWM制御で調光可能

SensorTagとの接続方法

1. DEVPACK-LED-AUDIO(裏面)とSensorTag(裏面)を接続します。

Article header library 124689 pic02  2

DEVPACK-LED-AUDIOとSensorTagを接続する

  1. SensorTagのHW Revが1.3以降の場合はボタン電池を外して、マイクロUSBのポートにUSB電源を接続します。
    ※HW Revが1.1、1.2の場合は故障の元になるため、電池を外さないでください。
  2. SensorTagの赤色のカバーをLEDのレンズサイズに合わせて切り取ります。

Article header library 124689 pic03  2

左:USB電源を接続する / 右:カバーを切り取る

DEVPACK-LED-AUDIOの動作方法

準備するもの

  • SensorTag(CC2650STK)
  • DEVPACK-LED-AUDIO
  • スマートフォン(今回はiPhoneを用います)
  • SensorTagアプリ(今回はiOSのアプリを例にします)

手順

1. ファームウェアのアップデート

まず、SensorTagのファームウェアをアップデートします。今回はOADでのファームウェアアップデートを実施するため、SensorTagアプリを起動してアップデート対象のSensorTagが表示されていることを確認し、Sensor Viewを選択します。

ファームウェアのアップデートについては、以下のページも参考にしてください。
SensorTagを最新のF/Wにアップデートしよう -OAD編-

Article header library 124689 pic05  1

ファームウェアのアップデート

2. 左の表示の場合はUpgradeを、表示が出なかった場合は FW Downloadを選択します。

Article header library 124689 pic06  1

UpgradeかFW Downloadを選択

  1. Select FW Fileから更新するFWを選択します。

今回はv1.30のLED DevpackのFWに更新するので下記を選択します。

Article header library 124689 pic07  2

FWを選択する

4. 下記の手順でFWのアップデートを実行します。

FW upgrade successfulと出れば成功です。

Article header library 124689 pic08  1

FWのアップデートを実行

書き込んだFWは、SensorTagアプリの「Device Information」 から確認出来ます。

Article header library 124689 pic09  1

更新後のFWを確認

  1. FWが更新されたら スマートフォンからSensorTagにアクセスします。同様に対象のSensorTagが表示されていることを確認し、Sensor Viewを選択します。

なお、スマートフォンのアプリは前のFWの情報が残っている可能性があるので、アプリを一旦完全に終了してから再度アプリを起動することをお勧めします。また、スマートフォンのアプリも最新のVersionへアップデートしてください。

Article header library 124689 pic05  2

SensorTagにアクセス

6. 接続されるとDevpack上のLEDが光ります。

Article header library 124689 pic10  1

発光した状態

7. 更新されたFWでは、スマホアプリ上で、Lamp Control と Lamp Group Controlの項目が追加されます。

Lamp Controlの円の下にあるスライダを動かすと、Devpack上のLEDの輝度が変わります。また、円の右上にあるスイッチで、LEDをON/OFFできます。

Article header library 124689 pic11  1

スライダを中間くらいにした状態

8. Lamp Controlの円の中のカーソルの場所を変更すると、Devpack上のLEDの4色のLEDの光り方が変わります。

Article header library 124689 pic12  1

紫側に移動させるとこのようなカラーに変化します

最後に

以上でDEVPACK-LED-AUDIOの解説は終了となります。
このようにDEVPACK-LED-AUDIOを使用すると、スマートフォン側からBLEで通信し、SensorTagに接続されたLEDの光り方を制御することが可能となります。是非参考にしてみてください。


商品の詳細はこちら

商品の購入はこちら

おすすめ記事/資料はこちら

関連タグ