Article header library 124021  1

EMCサージ保護レベル4、全試験項目認定済RS-485トランシーバ ADM2795E

本記事ではアナログ・デバイセズ株式会社の新製品でもある絶縁型のRS-485のトランシーバに関して紹介します。

Article header library 124021 pic01  3

評価ボード:EVAL-ADM2795E

新製品のADM2795Eは、5 kV rms信号絶縁型 RS-485 トランシーバで、RS-485バス端子上に最大±42 Vのac/dc ピーク・バス過電圧障害保護を 備えています。この製品はアナログ・デバイセズ社のCoupler® 技術を採用しており、3チャンネル絶縁型RS-485トランシーバとIEC電磁両立性(EMC)過度保護機能をシングル・パッケージに組み込んでいます。

ADM2795EはRS-485/RS-422トランシーバで、IEC 61000-4-5 レベル4のサージ保護機能を集積しており、RS-485 バス端子(AとB)上で最大±4 kVの保護が可能です。
このデバイスはバス端子上で最大±2 kVのIEC 61000-4-4 レベル4 EFT保護 と IEC 61000-4-2 レベル 4 ESD保護を備えており、トランシーバ・インターフェース端子上でラッチアップ無しに±15 kVまで耐えられます。加えて、±25 Vの拡張コモン・モード入力範囲があるので、ノイズの多い環境でデータ通信の信頼性を改善します。

ADM2795Eの購入はこちら
ADM2795Eの詳細はこちら(アナログ・デバイセズWEBサイト)

認定済み IEC EMC性能の概要

RS-485インターフェースを使用する工業オートメーション用プログラマブル・ロジック・コントローラ(PLC)の通信ボートは、大きなコモンモード・ノイズ、グラウンド電位差、誤配線による故障、静電放電(ESD)、電気的高速(EFT)、雷サージなどの影響を受けることがあります。工業オートメーション用のIEC61131-2など、システム・レベルのIEC規格では、IEC ESD、EFT、サージに対する各保護レベルの他、放射性、伝導、磁器鑑賞に耐性を指定しています。これらの規格に準拠するためにADM2795Eは下記のIEC EMCが認定済みです。

RS-485 A/Bバス・ピンでレベル4のEMC保護認定

  • IEC 61000-4-5 サージ保護(±4kV)
  • IEC 61000-4-4 EFT保護(±2kV)
  • IEC 61000-4-2 ESD保護
    • ±8kVの接触放電
    • ±15kVの空気放電

絶縁バリア両端にまたがるIEC 61000耐性が認定済

  • IEC 61000-4-2 ESD
  • IEC 61000-4-4 EFT
  • IEC 61000-4-5サージ
  • IEC 61000-4-6 RF伝導耐性
  • IEC 61000-4-3 放射性耐性
  • IEC 61000-4-8磁気耐性

想定対象アプリケーション

ADM2795Eを使用する際に想定するアプリケーションの例としては下記があります。
  • 暖房、換気、空調(HVAC)ネットワーク
  • 工業用フィールド・バス
  • ビル・オートメーション
  • ユーティリティ・ネットワーク

Article header library 124021 pic02  1

ADM2795Eの想定アプリケーション例

開発初期段階からの検討が重要

産業用アプリケーションでは、様々な過渡現象にさらされる RS-485 通信ポートは損傷を受ける可能性があります。EMC対策を考慮せず、設計サイクルの後半で 問題がみつかると設計変更やスケジュール超過などに陥ることがよくあります。このため、EMC 問題は設計サイクルの初期段階から取り組んだ方が最良です。EMC対策には様々な手法がありますが、1つの手法としてADM2795Eを活用してみるのは如何でしょうか。


おすすめ記事/資料はこちら

商品の購入はこちら

関連タグ