Article header library 120353  2

[Microchip] GestIC® で簡単にジェスチャーソリューションを実現!

GestIC® とは

本記事ではユーザーが直観的に使用できるジェスチャーインターフェースを提供するMicrochip社のGestIC® を紹介いたします。

GestIC® は複数の電極を使用してジェスチャーを検出する為、機器筐体内に組み込むことが出来る為、カメラや赤外線を使用したシステムに見られる穴や切り込みが不要で美しい製品をデザイン可能です。

また、GestIC® はジェスチャー認識を内部で実行可能な為、ソフトウェアの組み込みや追加処理が不要です。
その為、ユーザーは各アプリケーションに対してジェスチャー機能を組み込むことが可能です。

Article header library 120353 pic11  1

GestIC® の活用例

GestIC® の動作

GestICは電界を利用して電界センシングを実現した3Dセンサテクノロジーです。その電界の乱れをセンシングしてユーザの手のジェスチャーを検出、追跡、分類する事で新しいユーザインターフェースを実現します。

1. 送信電極(Tx電極)からセンサー表面の周囲に電界を発生させ、3次元的に電界を伝搬させます。

Article header library 120353 pic01  1

通常時

2. 手や指が電界に入ると電界に乱れが生じ、複数の受信電極(Rx電極)を用いて電界の変動を検出します。
3. 受信した信号の変動に基づいて電界の乱れが生じた位置を計測します。

Article header library 120353 pic02  1

検知時

4. 上記の情報を用いて位置情報を求め、動きをトラッキングしてジェスチャーパターンを分類します。

このような仕組みで、ジェスチャーの検知を実現しております。

様々なジェスチャーイベントを搭載

GestIC® は内部にフリック機能、エアホイール機能、ホールド機能など多数のジェスチャー機能を搭載しております。
近接によるウェイクアップ(復帰) 近接によるウェイクアップ(復帰)
主にセンシングアリアに手が近づいたら MGC130(およびシステム全体)を復帰させるために使います
ウェーブ ジェスチャ ウェーブ ジェスチャ
X および Y 方向のわずかな指の動きを検出して識別します。アプリケーションとしては、オーディオ機器のシャッフルプレ等があります。
フリック ジェスチャ フリック ジェスチャ
4方向へのスワイプまたはエッジフリックです。通常、次へ進む、前へ戻る、ON/OFF、UP/DOWN といったコマンドに使います。
ホールド ジェスチャ ホールド ジェスチャ
止めた手を検出してイベントをトリガします。タッチレス Enter キーを想定しています。タイミングは設定可能です。
エアホイール ジェスチャ エアホイール ジェスチャ
レベルと値の増減を直感的に入力できます。回転もチップ内部で検出します。
プレゼンス ジェスチャ プレゼンス ジェスチャ
インテリジェント バックライトを簡単に実現できます。
センサタッチ センサタッチ
5つの受信電極へのタッチ、タップ、ダブルクリックを検出します。通常、選択および確定コマンドに使います。
ポジション トラッキング機能 ポジション トラッキング機能
MGC3130 はポジション トラッキング機能を備えています。

最後に

GestIC® はセンサーを繋げるだけで容易にジェスチャー機能を実現することが可能です。
また、ジェスチャー機能を組み込むことで新しいユーザーインターフェースを組み込んだ製品の開発が可能になります。

GestIC® にご興味のある方は是非、お問い合わせください。

商品の詳細はこちら

おすすめ記事/資料はこちら

関連タグ