Article header library 118365  2

加速度センサ(ADXL362)で超低消費電力モーションスイッチ を実現

アナログ・デバイセズ社では、低消費電力向けアプリケーションに応用可能な3軸加速度センサ(ADXL362)をご提供しています。特にバッテリ寿命が求められるワイヤレス・センサ、計測機器、在宅ヘルスケアなどの携帯型アプリケーションに適した業界先端の低消費電力モーション検出をご提供できます。

今回、超低消費電力な3軸加速度センサ(ADXL362)をモーション・スイッチに利用したデモをご紹介します。デモの内容は、振動を検出すると人形に電源が供給され音声が流れるというものです。

デモ動作の流れ
 ① 振動を与えます
 ② 3軸MEMS加速度センサ(ADXL362)で振動検出⇒割込信号が発生します
 ③ ハイサイド・パワー・スイッチ(ADP195)のイネーブル信号をON、人形に電源供給します
 ④ 人形から音声がながれます

Article header   203

2つの評価ボードで簡単にデモ環境を再現!

今回のデモは、2つのボードで簡単に再現できます。

アナログ・デバイセズ社では、Circuits from the Lab™ として実用回路に沿ったリファレンスデザインをご提供しています。デモでは3軸MEMS加速度センサ(ADXL362)でモーション検出し、それをトリガーとして最大 1.1 A の負荷電流を制御可能なハイサイド・パワー・スイッチ(ADP195)でモーション・スイッチを実現するEVAL-CN0274-SDPZ回路ボードを使用しています。

また、EVAL-CN0274-SDPZからデータをキャプチャするため、EVAL-SDP-CS1ZとCN0274評価用ソフトウェアも使用しています。

EVAL-CN0274-SDPZEVAL-SDP-CS1Zの2枚のボードは120ピンの接続用コネクタを備えているので、簡単に接続できます。

Article header eval sdp cs1z  1

EVAL-SDP-CS1Z

  • EVAL-SDP-CS1Z
    システム・デモ用プラットフォーム(SDP)ボード
    PCと接続する評価ボード

Article header eval cn0274 sdpz  1

EVAL-CN0274-SDPZ

  • EVAL-CN0274-SDPZ
    “Circuits from the Lab™ ”回路ボード
    ADXL362、ADP195搭載

CN0274評価用ソフトウェアを使えば、しきい値も簡単設定

Article header %2bpc  1

モーション・スイッチのサンプルデザインは超低消費電力アプリに最適

低消費電力のための機能を持ったADXL362と、オン抵抗の低い P チャンネル MOSFET を内蔵し電力損失を抑えたADP195の組合わせは、長期間のバッテリ寿命が求められるアプリケーションに最適な構成です。

スイッチON/OFF時の消費電力は非常にわずかです。
  • スイッチOFF時:バッテリからの電流は300 nA未満
  • スイッチON時:消費電流は3 μA未満

消費電力の低いモーション・スイッチをお探しの方は、是非、ご検討ください。

おすすめ記事/資料はこちら

関連商品

Article header library 118161 pic01  2

関連情報

関連タグ