Article header header1  1

Konashi2.0のご挨拶、初めてのLチカ

Konashi2.0をご購入された方の中にもまだ手付かずの”詰みボード”になってしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回はkonashi.jsと既存のjavascriptプログラムを流用した簡単なLチカのやり方をご紹介します。

ご用意いただくもの

・Konashi2.0
・ボタン電池(CR2032)
・Konashi.jsをインストール済みのスマートフォン

Article header   130

手順

まずKonashi2.0にボタン電池をいれます。+極が上側にくるように電池を差し込んで下さい。
そしてKonashi2.0のBluetoothのIDをチェックしておいてください。

Article header   126

次にスマートフォンでKonashi.jsを立ち上げます。
下のメニューの中からUserをTapして下さい。
検索窓に「mpression」と入力して検索してください。
検索結果にでてきたmpressionをTapします。

Article header   127

mpressionアカウントのコード一覧がでてきますので、その中から「forked:ナイトライダー」をTapします。
再生マークの画像をTapするとプログラムが起動します。

Article header   128

プログラムが起動し、Find Konashiのボタンを押すと周囲のBlutooth機器のIDをサーチします。
ここで先ほどチェックしておいたKonashi2.0のIDと同じIDをTapします。
これで操作は完了です。Konashi2.0本体を見るとLED2-5が順番に光る様子が見ていただけます。

Article header   129

Article header l%e3%83%81%e3%82%ab  1

いかがでしたか?思ったよりも簡単にKonashi2.0を動かすことができたのではないでしょうか?誰でも簡単に動かせるハードウェア、Konashi2.0をどんどん活用していきましょう!

■関連商品

■Konashi 2.0 関連FAQ

■関連リンク

関連タグ