Article header image6  2

Mpressionブランド第1号の製品は?

Helioボードが第1号なんです

ARM Cortex-A9プロセッサコアを2個搭載したアルテラCyclone V SoCをお手軽に評価できるキット「Helio」シリーズはMpression製品でも人気の高い製品の一つです。実はこの製品、マクニカがMpressionブランドを立ち上げるきっかけとなったボードなのです。
元々マクニカの関連会社でアルテラを取り扱うアルティマにて、FPGAを手軽に評価できお客様の開発に役に立つ開発キットを多数手掛けてきました。Helioもその一環で開発したボードなのですが、2013年当時、満を持して登場したアルテラのCyclone V SoCをマクニカグループとしてグローバルにプロモーションしていくうえで、グループの技術力を体現するブランドを冠し売り出したのがきっかけです。ということで、HelioはMpressionブランドを推進するチームには思い入れの深い製品なのです。

アルテラCyclone V SoCの入門キット

Article header image gallery  1

Helioボード

HelioボードはARM® ベースのプロセッサを採用したアルテラCyclone V SoCを搭載し、今までFPGAを使ってきたお客様だけでなく、主にプロセッサやDSPを使っているお客様にFPGAとプロセッサを合わせて使うことの利点もご理解いただけるよう開発しました。Cyclone V SoCの設計・評価を素早く実現でき、さらにはこの新しい概念のデバイスを使いこなすノウハウや技術スキルを習得できる低価格な入門キットという位置づけです。
Helioボードに付属する各種ペリフェラル回路はキットのリファレンス・デザインとしてソースを提供しますので、ユーザはまずこのリファレンス・デザインを活用してFPGAの検証をすることで検証工数や検証期間を短縮することができます。  
また、Helioには、アルテラのFPGAの他に、リニア・テクノロジーの高性能アナログIC、IDTのクロック&タイミング IC および ウルト・エレクトロニクの受動製品を搭載しています。Helioを購入し、自社の開発製品にこれらのICを搭載されるお客様には、マクニカグループとしてワンストップでシステムレベルの技術サポート・営業サポートを提供しています。

関連タグ