Article header 131649 hd v2  1

EMC/EMI規格適合事前対策 最新手法セミナー<無料>

2019.06.24

EMI規格適合コストの削減へ

EMC/EMI測定は、認証取得するまでの時間やコスト、費用がかさむ、問題箇所のノイズの特定が困難であるなど様々な課題を抱えています。

このセミナでは、EMC/EMI計測の基礎知識、効果的な測定手法と勘所、EMI規格適合に掛ける時間とコストを削減する最新の評価手法などを、実機デモを交えて解説します。

新たにIoTデバイスの開発に従事するエンジニアの方や設計・開発の現場でEMC/EMIに携わっている皆様に最適なセミナです。

こんな方に最適

  • IoTデバイスの開発をはじめたが、EMC/EMIについて理解を深めたい
  • 電波暗室でなんども計測をして、嫌気がさしている方
  • ノイズ源の特定に苦労した経験をお持ちの方
  • 計測対象の製品が大きすぎて、サイトに持ち込めないことでお困りの方
  • 自社内での測定と認証試験の測定結果があわずお困りの方

日程・お申し込み

日 程 時 間 会 場 定 員
2019年7月5日(金) 13:00~17:30
(受付 12:30~)
品川会場:マクニカ 品川オフィス 40名

※法人様向けのサービスとなっておりますので、個人の方のお申し込みはご遠慮いただけますようお願いいたします。

対象者

  • IoTデバイスの開発に従事している方
  • 設計・開発の現場で EMC/EMIに携わっている方
  • EMI規格適合のコストを削減したい方

※競合メーカーならびにその販社の方、競合商社の方の受講はお断り申し上げます。

アジェンダ

プログラム 所要時間
1. 最新課題とノイズ測定について
  • 最新EMC事情&対策における課題
  • ノイズ測定器
  • リアルタイム・スペアナを用いたノイズ解析
  • EMC規格について
60分
休憩 + ノイズ源測定実演タイム
※実際に発生しているノイズを補足し可視化します。(その1)
20分
2. EMIプリコンプライアンスとノイズ対策のポイント
  • EMI プリコンプライアンス測定のすすめ
  • 実践:プリコンプライアンス測定
  • ノイズ対策のポイント
60分
休憩 + ノイズ源測定実演コーナ
※実際に発生しているノイズを補足し可視化します。(その2)
20分
3. ノイズ測定でのプローブ、ノイズ発生源の特定
  • ノイズ測定におけるプローブの使い方
  • 振幅vs時間測定を用いたノイズ発生源特定
  • イミュニティ・テスト時のEUTノイズ測定
  • 質疑応答
60分

※セミナー内容は、予告なく変更される場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。

持ち物

  • お名刺1枚
  • 筆記用具

講師の紹介

テクトロニクス 米国iNARTE認定EMCエンジニア 鹿取 俊介



お申込み

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。



おすすめ記事/資料はこちら

マクニカオリジナルワークショップ
メールマガジン登録

関連タグ