Article header contents 131273 hd  1

光学式センサを用いたジェスチャー認識開発導入セミナー<無料>

2019.04.15

光学式ジェスチャーセンサを組み込んだ機器を開発してみよう!

本セミナーでは、アナログ・デバイセズ社の光学式ジェスチャーセンサ(ADUX1020)のご紹介と機器へ組み込む際のポイントを解説します。

ADUX1020は、LEDを使ってジェスチャーを識別するタイプのセンサです。
たった一つのLEDでジェスチャーを認識することができますが、製品に組み込む際にはアルゴリズムが重要となります。

今回のセミナーでは、ヒロコン様と共同で開発したアルゴリズムの解説と評価環境をご紹介し、開発業務にお役立つ情報をご提供いたします。

またジェスチャーセンサを用いた応用事例のご紹介も行いますので、機器の開発エンジニアの方だけでなく、ジェスチャーを用いた新しいユーザインターフェースをお探しの方や、非接触での物体認識を行い方なども是非ご参加ください。

こんな方に最適

  • 組み込み機器のユーザインターフェースをお探しの方
  • 非接触の物体検知ソリューションをお探しの方
  • ジェスチャー認識を組み込んだ製品開発を考えている方
  • 光学式センサを使ったジェスチャー認識の基礎、アルゴリズムを学びたい方

日程

日 程 時 間 会 場 定 員
2019年5月31日(金) 13:30~16:30
(受付 13:00~)
新横浜会場:マクニカ 第1ビル 30名
※ご連絡なしのキャンセルがあった場合、次回のお申し込みをお断りさせて頂くことがございます。



対象者

  • 組み込み機器のユーザインターフェースをお探しの方
  • 非接触の物体検知ソリューションをお探しの方
  • ジェスチャー認識を組み込んだ製品開発を考えている方
  • 光学式センサを使ったジェスチャー認識の基礎、アルゴリズムを学びたい方
※半導体メーカー、ならびにその販社の方の受講はお断り申し上げます

アジェンダ

プログラム
第一部
  • ADUX1020と評価キットの紹介
  • ジェスチャーセンサのアルゴリズム紹介
第二部
  • 機器への組み込みポイントの解説
  • 応用事例の紹介
まとめ
  • 質疑応答・まとめ

光学式ジェスチャーセンサを使ってみよう!(*音声あり)

光学式ジェスチャーセンサの概要は動画をご確認ください。

本セミナーでは実際にデモンストレーションとアルゴリズムの解説も行います。

持ち物

お名刺1枚

講師の紹介

お申し込み

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。



おすすめセミナー/ワークショップはこちら

おすすめ記事/資料はこちら

商品の購入はこちら

マクニカオリジナルワークショップ
メールマガジン登録

関連タグ