Article header 131069  2

今からでも遅くない!AI x IoT機器を作るには?<無料>

2019.04.09
本セミナーの受付は終了致しました

様々なAIやIoT機器の最新トレンドをご紹介!

世界中で注目度が高まっているAI、そのコア技術となるディープラーニング、それらのデータ収集に必要なIoTエッジ機器。我々が直面する様々な問題を、AIやIoTを使って解決しようとする動きが活発になっています。

たとえば製造工程やモノづくりの分野で、人手不足、現場技術の伝承、不良率の改善、突発故障によるダウンタイム発生などの問題に対する解決策や、工場全体をプロセス管理し更なる効率化を進めたりする機器が世の中に現れはじめています。

AIやIoTエッジ機器を開発したいがどんな技術やデバイスがあるのか?

本セミナーでは、製造業界が現在抱える課題を俯瞰するとともに、AI x IoT変革を迫られる現場における失敗しないための勘所を含めた現実解をご紹介いたします。

また、マクニカはお客様へのデバイス提案とサポートを通じた経験から、そのようなお客様に対して設計にお役立て頂ける、様々なAIやIoT機器の最新トレンドをはじめ、実際の機器設計の開発事例、TI社の最新技術やデバイス動向をご紹介致します。

インダストリアル向けAI × IoTのTIソリューションが、機器開発をさらに加速させ、付加価値を高めるお手伝いをいたします。

こんな方に最適

  • これからAIやIoTエッジ機器の開発をご検討中の方
  • 実際の機器設計を行った開発事例を知りたい方
  • エッジ機器に利用できる製品をお探しの方


日程

日 程 時 間 会 場 定 員
2019年4月25日(木) 13:00-16:30
(受付開始 12:30)
品川会場:マクニカ
品川オフィス
60名
※ご連絡なしのキャンセルがあった場合、次回のお申し込みをお断りさせて頂くことがございます。
※申込者多数の場合は抽選となる場合がございます。ご理解のほどお願いいたします。



対象者

AI/IoT機器の設計エンジニア
※半導体メーカー、ならびにその販社の方の受講はお断り申し上げます。

アジェンダ

所要時間 プログラム
13:00~13:05 ご挨拶
13:05~13:55 製造業におけるAI活用最前線
13:55~14:15 エッジ機器へのAI組込み事例
14:15~14:35 検討や開発のスタートダッシュをお手伝いするソリューション
14:35~14:50 休憩
14:50~15:05 今注目されている測距技術とは?
15:05~15:20 産業機器への応用が期待されている「ミリ波」技術を解説
15:20~15:35 RS485はもう古い!IO-Linkのデバイスはどう作る?
15:35~16:05 本日のデモ紹介
16:05~16:30 質疑応答 & デモ鑑賞
※プログラムは当日変更となる可能性がございます。予めご了承ください。

持ち物

お名刺1枚
筆記具

お申し込み

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。



おすすめセミナー/ワークショップはこちら

おすすめ記事/資料はこちら

マクニカオリジナルワークショップ
メールマガジン登録

関連タグ