Article header contents 128093  1

NVIDIA Deep Learning 環境構築セミナー <無料>

2018.06.21
本セミナーの受付は終了したいました。

概要

Article header contents 128093 pic01  1

Deep Learningの開発を行っている方、検討をしている方へ実際のDeep Learning の開発環境の構築について、課題と解決案の情報を提供します。

また NVIDIA GPU Cloud(以降NGC)の活用事例や、最新のコンテナ技術を活用した実例による開発環境の最適化についてもご紹介します。

NVIDIA 森野氏を講師としてお招きします

NVIDIAは、NGCにて、GPUに対して最適化されたアプリケーションを多数提供しています。Deep Learningフレームワークや、HPC向けのアプリケーションなど、有用なアプリケーションを、ダウンロードするだけで、利用することができます。
セッションでは、NGCを利用し、複数のDeep Learningフレームワークを用いた画像認識のトレーニングを行い、各フレームワークの利用方法をご紹介します。また、NGCにおけるアプリケーションの配布形態は、Dockerイメージとなっているため、Dockerの使い方についても、簡単に紹介します。

対象者

初級~中級
  • Deep Learningの開発環境の構築を検討している方
  • 環境を構築していてコンテナ技術に興味のある方

日程

日 程 時 間 会 場 定 員
2018年6月29日(金) 13:30-16:30
(受付開始 13:00)
新宿会場:マクニカ 新宿オフィス 50名

アジェンダ

NGCの紹介
(講師:マクニカ)
  • Deep Learningの環境構築の課題
  • NVIDIA GPU Cloudによる解決提案
  • NGCの始め方
NGCを使った各種フレームワークの紹介
(講師:NVIDIA 森野氏)
  • NVIDIA GPU Cloud を使用した画像認識のトレーニング
    (複数のDeep Learningフレームワークを用いて実施)
  • 各フレームワークの利用方法について
  • Dockerの使い方を紹介
マクニカパートナーによる最新コンテナ技術の紹介
(講師:Rescale  中丸氏)
  • Deep Learningの環境構築の課題
  • コンテナ技術の説明(Docker、Singularityのご紹介)
  • オンプレとクラウドの使い分け
  • ハイブリットクラウド環境を構築する際の課題
  • Rescaleによるハイブリットクラウド環境構築の提案
  • RescaleのSaaS + マクニカ提供WSによるパッケージ製品の紹介

持ち物

  • お名刺1枚
  • 筆記具

マクニカオリジナルワークショップ
メールマガジン登録