Article header contents 119021  1

Texas Instruments Arm® Cortex-A プロセッサ 入門ワークショップ! (Linux版) <無料>

2016.07.08
本ワークショップの受付は終了いたしました。次回ワークショップは日程調整中です。

マクニカ・富士エレクトロニクス合同開催ワークショップ

Texas Instruments社(以下TI)のプロセッサは数多くラインナップがありますが、その中でもARM Cortex-Aコア搭載プロセッサ「Sitaraシリーズ (AM335x)」は産業用からコンシューマ製品まで幅広い製品に対応可能な製品です。
今回はSitaraシリーズを使ったワークショップを開催します。

こんな方に最適

Article header advantech rsb 4220cs mca1e 01  1

TI社ARM SoC-AM3352搭載ボードコンピュータ(Advantech社)

  • TIプロセッサやSitaraシリーズにご興味があり、実際に触れてみたい方
  • TISDKをふれてみたい方
  • 初めてSitara+Linuxを触る方 におすすめです。

本セミナーではマイコンの基本となる下記4つのセクションを用意しております。
  • Sitara製品の紹介
  • Linuxの紹介
  • Linux開発環境の構築方法
  • ハンズオン

前半のセミナーではSitara製品の概要、Linuxの基礎知識を学習できます。
後半のハンズオンでは実際にSitara AM335x スタータ・キットを使って、仮想環境LinuxでC言語のプログラム作成、クロスコンパイル、評価基板のNFSブート、GPIO(LED)操作、液晶への静止画表示を体験していただけます。

アジェンダ

ワークショップ内容 時間
1. セミナー
  • Sitara製品の紹介
    ・Sitara製品ラインナップ
    ・ロードマップ
    ・開発環境

  • Linuxの紹介
    ・Linuxとは
    ・組み込みLinuxとは
    ・Linuxのブート手順

  • Linux開発環境の構築方法
    ・環境構築の前準備
    ・Linuxの環境構築
    ・SDKのセットアップ
    ・メイク
9:30-14:00
2. ハンズオン Sitara AM335x スタータ・キットを使ったハンズオン
  • Hello Worldと出力してみよう
    ・LEDを操作してみよう (3種類の方法で)
    ・LCDを操作してみよう
14:00-18:00

日程

日 程 時 間 会 場 定 員 お申し込み
2016年11月16日(水) 09:30~18:00 富士エレクトロニクス株式会社
東京本社 (文京区本郷)
8名 次回開催日調整中
お申し込みはグループ会社 富士エレクトロニクス株式会社のWEBサイトで受付しております。
※株式会社マクニカは2015年4月に富士エレクトロニクス株式会社と経営統合を行いました。

持ち物

名刺2枚をご用意ください。
昼食は各自でご用意ください。

当日使用する機材はお貸出しします。
  • 評価基板: AM335x スタータ・キット TMDSSK3358
  • ホストOS: Ubuntu 14.04 LTS (仮想環境下)


おすすめセミナー/ワークショップはこちら

おすすめ記事/資料はこちら

商品の購入はこちら

マクニカオリジナルワークショップ
メールマガジン登録

関連タグ