Article header contents 116201  1

お客様の『やりたいコト』のサポート、それが私たちの『やりたいコト』

2016.02.12

『やりたいコト』がみつかるサイトへ日々邁進中!

従来型の「モノ」を探す製品販売サイトではなく、お客様の実現したい「コト」を具現化できるデマンドクリエーション(潜在需要創出)型のサイトを目指しましておりますが、皆様のお役にたてておりますでしょうか?

公開当初は1,000点を超えるFAQ・技術サポート情報だったのが、FAQ / 技術記事ふくめ1,800点を超えました。MACNICA フォーラムでも投稿数ももちろんですが、閲覧してい頂いている方々も増えており、皆様のお役になっていると感じております。

また、オンライン上だけではなく、様々なハンズオンセミナやオフラインストア、または各展示会、ハッカソンなどでお客様からの直接の叱咤激励などのご意見をお聞きすると非常にやりがいを感じます。

Article header contents 116201 pic01  4

おかげさまで、2016年版日本における『働きがいのある会社』ランキング(「従業員1000人以上」部門)で第10位に選出されました。

「働きがいのある会社」ランキング

これもひとえに、皆様から多くの『やりたいコト』をリクエスト頂き、それに応えようとしてきた結果かも知れません。

Article header contents 116201 pic02  1

社内の風景

*参加企業321社への「従業員へのアンケート」「会社へのアンケート」の結果をもとに集計。「働きがいのある会社」とは『従業員が会社や経営者、管理者を信頼し、自分の仕事に誇りを持ち、一緒に働いている人たちと連帯感を持てる会社』(Great Place To Work(R) Institute Japanより)。

『働きがい』を感じているメンバーでサポートしています

せっかくなので、マクニカオンラインサービスで技術情報の掲載や、MACNICA フォーラム でサポートをさせて頂いてる、メンバーを自己(他己)紹介とサポート内容を含めて、改めて紹介します。

エガもん

Article header egamon  1

 

マクニカオンラインサービスの2代目マネージャ。

初代の熱い意志を受け継ぎ、マクニカオンラインサービスを広く知ってもらうため、自らをゆるキャラ化し幅広い層への訴求を狙っている。

ただ、最近の運動不足がたたり、イメージ画像の体型そっくりに。腰痛に悩まされる今日この頃。
インテル・アルテラ・ハナコ

Article header contents 116201 pic04  2

 

FPGA を使ったLチカシリーズを始めとした技術記事を執筆。MACNICA フォーラム [Intel FPGA(旧 Altera)カテゴリ] では、ユーザーへのアドバイスや Tips を投稿している。

MAX+PLUS® II 時代から製品に携わり、今も Quartus® Prime や ModelSim などのツールをこよなく愛するママさんエンジニアです。晩ご飯のメニューを考えることそっちのけで、通勤中にパソコンを開いてはお客様の “困った” を解決している毎日。モットーは「お客様のために!」特に初心者に対してやさしいサポートを心がけています。みなさん、是非 MACNICA フォーラムに来てくださいね。


Mpression 技術情報 代表コンテンツ
WashinomiyaTaro 鷲宮タロー

Article header contents 116201 pic05  2

 

主に、インテル FPGA(旧アルテラ)製品に関するドキュメントや FAQ、Mpression技術情報、一部フォーラムを担当しています。インテル製品を使用するための有益な情報を皆さんに提供するため、日々頑張っています。是非、有効に活用して頂けたらと思います。皆さんとは、セミナーやワークショップでお会いすることがあるかも知れませんね...


Mpression 技術情報 代表コンテンツ
Kazu

Article header contents 116201 pic06  2

 

主にクロック、メモリを中心に担当しています。MACNICA フォーラム (その他)のアドバイス回答。マイコンを使ったLチカシリーズも技術記事に投稿中。

マクニカオンラインサービス内のMpression技術情報、サポート(フォーラム、FAQ)の運営を行っています。技術者目線で皆様に役立つ情報をドンドン掲載しますのでご期待下さい。また、マクニカには数百人にも及ぶ、技術者がおりますので、わからないことがありましたら、気軽にフォーラムをご活用下さい。皆様に頂いた質問は責任を持って確認し、回答させて頂きます。


Mpression 技術情報 代表コンテンツ
koyataka

Article header contents 116201 pic07  2

 

メイカーズ向け製品のエンジニア。MACNICA フォーラム (メイカーズ)のアドバイス回答。メイカーズ向け技術記事に投稿中。また、ハッカソンやメイカーズイベントに出没。

主にメイカーズ関連製品の技術記事、フォーラムを担当しています。日々メイカーズムーブメントの熱い盛り上がりを感じながら、サポート業務をしています。メイカーズの皆様に喜んでいただきたい!の一心で頑張ってます。たまにKonashi/Koshianのワークショップも行います!


Mpression 技術情報 代表コンテンツ
大野 謙司

Article header contents 116201 pic08  2

 

イノベーション推進統括部 メイカーズ事業推進室

11年間電子機器開発メーカーに勤務、その中でアナログ、デジタル、マイコン、FPGA、機構等ハードウェアおよび組み込みファームウェア開発を幅広く担当。マクニカ入社後は、この経験を活かし、アナログIC、FPGA ,マイコンIC、ワイヤレスICのエンジニアとしてお客様をサポート。その幅広いハードウェア開発経験からマクニカのオリジナルブランドである Mpression におけるIoT ラピッドプロトタイピング開発キットの開発・メイカーズ向けサービスの開発に従事。


サービス
Mpression 技術情報 代表コンテンツ
山さん

Article header contents 116201 pic09  3

 

ハンズオンセミナー講師 低消費電力マイコン EFM32 ハンズオンワークショップ 入門編!<無償>はじめての ARM Cortex-M ハンズオン ワークショップ - ARM初心者向け -
技術記事では、Kazu が 記載した『山さんシリーズ』で度々登場中

幼少期より、シンセサイザーやエフェクターなどの電子楽器の回路設計に没頭。マイコンの世界に手を染めたばかりに踏み込んだ「開発ツールの開発」の最前線で、マイコン開発を中心としたツールチェーンの発展に尽力。現職では、シリコンラボ「EFM32シリーズ」のFAEを担当。ツールの活用により、皆様に「付加価値の高いものづくり」をしていただけることが何よりの喜び。お客様からの感謝のお言葉を励みに、現在も組み込み界隈にて良きソリューションの啓蒙と普及を目指す。

Mpression 技術情報 登場コンテンツ
zukanobu

Article header contents 116201 pic10  2

 

14年間FPGAのFAEとしてコンシューマーからインダストリアルまで幅広く提案&サポートを行ってきたバリバリのハードウェアエンジニア。現在はプログラマブルデバイス提案&サポートのノウハウを活かしてInfineon Technologiesのマイコン“XMCシリーズ”のFAEを担当中。日本語ドキュメントや、情報が少ない海外製マイコンの使いづらさを補うべく皆様をサポートさせて頂きます!


Mpression 技術情報 代表コンテンツ
Ura

Article header contents 116201 pic12  1

 

株式会社マクニカ アルティマ カンパニーてプロダクトセールスを担当。Everspin社 MRAM製品および、Cephasonics社超音波イメージング製品を担当させていただいております。

この会社で人生の約半分を過ごしました。この分野は常に進化し続け新しい事の連続で、国内外問わず多くの方々とお会いさせて頂き、今では私の財産となっております。これからも沢山のお客様と一緒にお仕事させて頂けると幸いです。

QWE

Article header contents 116201 pic13  1

 

マクニカで主にADIの電源を担当しているFAEです。

日頃はアナログ・デバイセ社のパワー系デバイスを主にしたサポート及び技術資料の配信を通してADI製品の拡販に従事しています。これからもより有益な情報を提供できるように頑張っていきたいと思います。

720

Article header contents 116201 pic14  1

 

株式会社エルセナでインテル FPGA 製品の FAE(Field Application Engineer:技術営業)として活動しています 720 です。

FAEはお客様に対して商品の提案から商品導入決定後のカスタマイズ・アフターフォローまでの一連をサポートするのが仕事です。MACNICA フォーラム上では、サポートノウハウを活用し皆様の抱えている問題点をクリアにするような提案を心がけています。「サポートを通じてお客様のお役立ちたい」想いで、日々熱意を持ってサポートしております。これからもお役に立てる存在として活動していきたいと思います。

今後も充実!『やりたいコト』

今後、ますます参加するメンバーも、FAQや技術情報も、取扱いラインナップも増やしていきます。ぜひ今後ともマクニカオンラインサービスをご活用ください。