Article header hw ip header  5

OPC UAサーバーSDK

2017.05.09

概要

インダストリー4.0の推奨プロトコル(Reference Architecture Model Industrie 4.0)であるOPC-UAのサーバー機能を実現する組み込み用SDKです。C言語ベースのSDKであり、OPC-UA未対応の工作機器やロボットを中心とした産業機器に組み込むことで、容易にOPC-UAサーバ機能の実装が可能となります。マクニカ自社開発の国内初となる日本製OPC-UAサーバSDKのため、日本語ドキュメントやマクニカでの技術サポートも合わせて提供します。

特長

  • 国内初、日本製OPC-UAサーバーSDK
  • C言語対応のAPIを提供
  APIのみではなく、内部実装もC言語で実装。組み込み機器向けに最適
  • OPC UA規格の適合性評価を実施済み
  OPC Foundation提供のUA Compliance Test Tool で動作確認済み
  • OPC Foundationが推奨するセキュリティポリシーをサポート
  • 日本語マニュアルを提供

仕様

  • 規格
  OPC-UA仕様 Version 1.0.3
  • プロファイル
  Embedded Profile  (Micro, Nano Profileについては別途お問い合わせください)
  • 転送プロトコル
  UA-Binary
  • セキュリティポリシー
  None, Basic128Rsa15, Basic256, Basic256Sha256

ブロックダイアグラム

Article header opcua  8

本SDKは株式会社プエルトの監修にてマクニカが開発したものです。

動作確認済み環境

H/W
○mpression Sodia Board(INTEL Cyclone V SoC)
○TI AM335x Starter Kit(Sitara ARM Processors)
○Raspberry Pi 3 Model B
○Omron NYB17-212K2

MPU
○INTEL Cyclone V SoCファミリ
○Texas Instruments Sitara AM335x ARMシリーズ
○Broadcom BCM2837
○INTEL Core iシリーズ
○他、ARM Cortex-A, Rシリーズ搭載のMPU全般

S/W
○Linuxディストリビューション
‐Debian v8.0 (jessie)
‐Raspbian v8.0 (jessie)
○Microsoft Windows 10 Pro 64Bit
○Microsoft Windows 7 Professional 64Bit

※特定の環境への動作確認状況については、別途お問い合わせください

対応開発環境

  • Visual Studio2017 Professional
  • gcc version4.9.3
    (別バージョンへの対応については別途お問い合わせください)

提供物

  • OPC-UA Server SDK(バイナリ)
  (ソースコード提供については別途ご相談となります)
  • サンプルアプリケーション
  • ユーザーズマニュアル
  • API仕様書

要求リソース

対象環境 ROM容量 RAM容量
Windows 約600KB 約3MB
Linux 約550KB
※測定条件
・最適化オプション無し、セキュリティ無し
・共有ファイル形式(.DLL, .so)
・接続Client数1台

評価環境

  • UVCクラスに対応したUSBカメラ

Article header opcua  1

 

デモンストレーション

Article header opcua  4

マクニカのIndustrial IoTはこちら