Article header board header  13

Magnes – Intel® Arria® 10 GX評価ボード (開発中)

2017.11.27

Article header magnes  3

Magnesボード

Magnesボードは、インテル®Arria® 10 GX FPGAを搭載し、2つのFPGA Mezzanine Card (以下、FMC)コネクタとCOM Express®(以下、COMe)コネクタを接続することで、高い拡張性と柔軟性を兼備えた、ハードウェアエンジニアおよびソフトウェア開発者の先行開発に最適なプラットフォームです。 Magnesボードには2GByte DDR4-SDRAMを2 bankと2つの高速メザニンコネクタの搭載により、市販もしくはユーザ独自の開発した拡張カードを最大2枚組み合わせることが出来ます。 また、COMeコネクタを搭載し、FPGAとはPCIeで接続しているため、汎用CPUとの接続が容易になり、FPGA+CPUを組み合わせた様々なアプリケーション開発が可能となります。

特長

  • インテル® Arria® 10 GX搭載
  • FMC コネクタを2個搭載、それぞれHigh pin countとLow pin count仕様に準拠
  • COMeコネクタ搭載、FPGAとはPCIe Gen2 x1 or x4で接続

製品仕様

型式ALTMAGNESA10GX
搭載FPGAArria® 10 GX / 10AX090N2F40E2SG
メモリ2GB DDR4-1866(933MHz) x32bit (Bank1)
2GB DDR4-1866(933MHz) x32bit (Bank2)
インタフェースFPGA) HDMI x1, USB-Serial x1, FMC(HPC x1, LPC x1)
COMe) HDMI x1, USB3.0 x4, SATA x1, GIgabitEthernet
電源デバイスEM2140P01QI, EM2120H01QI, EM2120L01QI, EN6382QI, EN6362QI, EN6310QI, ER3110DI, LTC2977CUP#PBF, LTM4632EV#PBF

ブロック図

Article header 20171124 %e5%85%a8%e4%bd%93%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e5%9b%b3b  1

ブロック図

お問い合わせ

お問い合わせはこちら