Article header support header  1

データ分析支援サービス

2017.05.09

Iotシステムを構築する際に、収集したデータをどのように活用するかを明確にしていますか?各システムが持つデータは活用を待っています。しかし、やみくもに分析することは、単なる時間の無駄遣いでしかありません。誰が、何を知るために、どのようなタイミングでそのデータを活用するのか、そうしたことを事前にしっかりと考えておく必要があります。
ただ、実際のデータ分析のニーズはあまり明確になっていないことが多く、「何となくこんなデータが欲しい」という程度の話に思われます。ところが、実際にその何となくあったらいいというデータが、ある程度整理されて出てくると、より本質的なニーズが現れてくるようになります。
潜在的なニーズは、データが具体化して提示されることにより、顕在化されてきます。まずは仮にでもいいので目的を決め、分析結果を継続して出してみることが必要です。

Mpressionが提供するIoTデータ分析支援サービス

MpressionのIoTデータ分析支援サービスでは、お客様の持つデータを分析し、どのように活用できるかをコンサルティングを行います。これによりお客様が継続して課題解決となるデータ取得が可能となるデータ活用システムの構築をめざし、分析用データ項目及び視覚化方式の支援を行います。

Article header   504

マクニカのIndustrial IoTはこちら