Article header hw sw ip header  4

IEEE1588 Protocol Stack Package

2017.05.09

IEEE1588規格による時刻同期を実現

概要

IEEE1588 Protocol Stack Packageは、IEEE1588に準拠し、100ナノ秒以下の精度での時刻同期が可能です。IEEE1588-2008に準拠するほか、放送機器向けのプロファイルであるSMPTE2059にも対応しています。
IEEE1588とは、ネットワークに接続された機器間での時刻同期の用途を規定した規格です。

特長

  • 100ナノ秒以下の同期精度を実現
  • IEEE1588規格で定義されているDefault PTP プロファイルの他に、SMPTE2059プロファイルにも対応
  • 周波数補正機構は、ハードウェア補正だけでなく、ソフトウェアのみによるデジタル補正も可能
  • ターゲットとなるハードウェア、UDP/IPプロトコルスタック、OSへ容易に移植が可能

仕様

PTPバージョンPTP version2
クロックタイプOrdinary Clock(Slave)
Ordinary Clock(Master)
対応プロファイルDelay Request-Response Default PTP profile
Peer-to-Peer Default PTP profile
SMPTE2059 profile
同期メッセージ形式Two Step
One Step
ディレイメカニズムEnd to End
Peer to Peer
補正機構位相補正
周波数補正(ハードウェア補正・ソフトウェア補正 両方に対応)

対応デバイス

• Cyclone® III/V
• Marvell 88E1512P
(※その他のデバイスの対応状況については、弊社営業までお問い合わせください)

提供物

  • ソフトウェアライブラリ
  • 暗号化RTL(Verilog HDL)
  • サンプルソフトウェア
  • ユーザーズマニュアル、リファレンスマニュアル

ブロック図

Article header ieee1588%20protocol%20stack%20package1  2

  • Master機器として動作する場合、IEEE1588 Software Libraryは、RTLで実装されたIEEE1588 Counterの値をPTPパケットで配信します。
  • Slave機器として動作する場合、 IEEE1588 Software Libraryは、Masterから受信したPTPパケットの情報をもとにRTLで実装されたIEEE1588 Counterの値をMaster機器に同期します。同期精度は100ナノ秒以下を実現しました。
  • RTLで実装されたPulse Generatorは、Master機器に同期したIEEE1588 Counterに基づき、任意周期パルスやV-SYNC(映像同期信号)など様々なパルスを出力します。
  • Hardware dependence layerなどの環境依存部はSoftware Layerとして切り出されているため、ターゲット環境へ容易に移植できます。

評価環境

Article header ieee1588%20protocol%20stack%20package  2

CategoryProduct NameVendor
Base BoardNitro – Cyclone V GX I/O Expansion Base BoardMpression
Daughter CardIEEE1588 GE CardMpression