Article header hw ip header  2

IF.HOTARU IP

2017.05.09
光伝送による高速シリアルインタフェースソリューション

Article header if.hotaru%20ip1  3

概要

IF.HOTARU IPは、IF.HOTARUに準拠した光伝送を行うためのIPです。
IF.HOTARUは、光リンクのデータ伝送を行うためのオープンプロトコルで、高速なデータ伝送を省配線・省リソースで実現しています。また、マシンビジョン等のビデオアプリケーションだけでなく、汎用的なデータ伝送にも利用可能です。
本IPをFPGAの高速トランシーバと組み合わせることで、高速インタフェースの開発時間とコストを大幅に削減できます。

特長

  • IF.HOTARU v1.0に準拠 ※1
  • 対応レーン数:x1、x2、x4
  • TX/RX Simplex、およびFull Duplexのデータフローに対応
  • 対応伝送レート ※2 :
    • Gear-1(3.125 Gbps)
    • Gear-2(5.0 Gbps)
    • Gear-3(6.25 Gbps)
    • Gear-4(8.0 Gbps)
  • 8B/10B伝送線路符号化による信頼度の高い通信
  • シンプルなローカルインタフェース
  • レーン間遅延差吸収(デスキュー)バッファ内蔵
  • リンク管理パケットによる低レイテンシーI/O伝送(マシンビジョンのトリガー信号に最適)

※1: 2014年12月にHOTARUコンソーシアムから規格書がリリースされました。下記URLをご覧ください。
   http://if-hotaru.org/
※2: 使用可能な伝送レートはFPGAの高速トランシーバブロックの性能に依存します。

仕様

項  目仕  様
IF.HOTARUバージョンv1.00.00
データフローSimplex、Full Duplex
レーンあたりの伝送レート
(FPGAのトランシーバ速度に依存)
Gear-1(3.125Gbps)、Gear-2(5.0Gbps)
Gear-3(6.25Gbps)、Gear-4(8.0Gbps)
使用可能レーン数Txx1、x2、x4
Rxx1、x2、x4
デスキュー機能±3 Clock
Rx使用レーン数自動識別対応
誤りパケット自動再送機能非対応
フロー制御非対応
PaddingTx非対応
Rx対応

対応デバイス

  • Cyclone® V GX/GT
  • Arria® V GX/GT
  • Stratix® V GX

※その他のデバイスの対応状況については、弊社営業までお問い合わせください

提供物

  • 暗号化RTL(Verilog HDL)
  • シミュレーション環境(Modelsim用)
  • ユーザーズマニュアル

ロジックリソース

Data FlowLaneArria® V GXCyclone® V GX
ALMsRegisterBlock
Memory
bits
ALMsRegisterBlock
Memory
bits
Full Duplex182294908179200
21,2791,69001,2701,6370
42,0232,90502,0682,8320

FPGA構成例

Article header if.hotaru%20ip4  2

FPGA構成例

デモ環境

Article header if.hotaru%20ip5  2

デモ環境