Article header board header  29

DEVPACKM-RS232- SensorTag用拡張ボード

2017.05.09

Article header devpackm1  2

DEVPACKM-RS232 は、テキサスインスツルメンツ社(以下TI)の SensorTag用拡張ボードです。SensorTagで取得した情報を RS232C のシリアル信号に変換して出力する事や外部から RS232Cシリアルのデータを入力することが可能です。

また、電池の持ちを気にするアプリケーションでもUSBからの外部給電*1でSensorTagを動作するためにも使用可能です。

 ※1USB給電時でもSensorTagに電池は挿入しておく必要があります。

ブロック図

Article header devpackm2  2

デモイメージ図

SensorTagを活用した環境データ取得

CC2650STK(SensorTag)に搭載されているCC2650はBluetooth Low Energy(以下BLE)やZigBee等のマルチプロトコルに対応したワイヤレスマイコンです。SensorTagに温度、湿度、照度、気圧、加速度など10個のセンサが搭載されており、標準のデモでBLEを使用したセンサデータが取得できます。

標準のSensorTagではペリフェラルとして動作しますが、F/Wを開発することによりセントラルとしても動作可能です。セントラル動作のSensorTagとペリフェラル動作のSensorTagを複数台接続すると各SensorTagのセンサデータを取得できます。

また、セントラル動作のSensorTagにUARTを介したログ出力機能を実装し、DEVPACKM-RS232を使用することで取得したセンサデータをRS232Cに出力できます。これにより、PCやRS232Cを持つモデム機器など接続し、センサデータの可視化を実現できます。

Article header devpackm3  3

センサネットワークイメージ図

製品仕様

RS232CトランシーバMAX3232(TI)
DCDCコンバータTLV62080(TI)
SensorTag 接続コネクタLSS-110-01-F-DV-A(SAMTEC)
クロス・ストレート接続切り替えジャンパ4ピンジャンパ


おすすめ記事/資料はこちら

商品の購入はこちら