Article header board header  20

LVDS インタフェース・カード

2017.05.09

Article header lvds%20%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%891  2

LVDS インタフェース・カード 」と同梱されているLVDS ケーブル( 坂東電線製 )を使用する事で、インテル® FPGA  開発キットで LVDS インタフェースの検証が可能になります。本インタフェース・カードには、 Tx (送信)と Rx (受信)の LVDS コネクタの他にケーブル接続用のHSMC  コネクタが搭載されているので、Terasic 社の HSMC High Speed Cableを使用することで LVDS 以外のピン出力の評価も可能です。HSMC コネクタを搭載したインテル®FPGA 開発キットと本ドータ・カードを接続すれば、LVDS インタフェースを持った FPGA の開発をすぐに始めることができます。

特長

メインデバイス TI SN74LVC541APW(レベル変換バッファ)
TI PCA9306DCTR(I2C レベル変換バッファ)
HSMCコネクタ Samtec ASP-122952-01(ポート A)
Samtec ASP-122953-01(ポートB)
LVDSコネクタ JAE Electronics FI-RE51S-HF

評価検証例

付属の LVDS ケーブルを使用することで、Tx/ Rx 単体の評価だけでなく、対抗接続をすることなくループバックによる Tx/ Rx の同時評価も可能になります。

Article header lvds%20%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%892  2

ブロック図

Article header lvds%20%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%893  3



おすすめ記事/資料はこちら

商品の購入はこちら