Article header semi header  1

Mpression Semiconductor

2017.05.09

Board Solution

Article header mpression%20boaard%20image  1

インテル®FPGAを搭載した評価ボード、スタータキットやIoTなどの無線通信を使ったキット等、マクニカが取り扱う多様なIC製品を搭載した使いやすいボードをご提供いたします。

お客様がIC製品をご検討いただく際に、実際の応用例に近い環境でパフォーマンスや機能を容易に評価したり、試作前のコンセプト検証をしやすいプラットフォームを、エンジニア目線で企画し、長年の技術サポートで培った、かゆいところに手が届く細かなノウハウを盛り込んでボードを開発しています。

近年の信号線の高速化で問題になるシグナルインテグリティ(SI)、低電圧化・多電源化で問題になるパワーインテグリティ(PI)なども十分に考慮し検証されたボード群は、お客様が製品をご設計される際の参照設計としても、お役にたてられるように、各設計データのご提供も可能です。

Odyssey IoT SolutionsBorax SOM
SodiaボードBroadcastボード
BeryllボードHydraボード
NitroボードEmbeddedカード
USB3.0 インターフェース・カード SVMIPI LCDカード
LVDS インターフェース・カード10/100M Ethernetカード
Gigabit EthernetカードHarvester Checker
CiP-1MMC+ Card
3G-SDI FMC CardSMP FMC Card
SFP+ x4 FMC CardDEVPACKM-RS232
12G-SDI FMC CardIEEE1588GE Card

IP Solution

FPGAやASICをターゲットした各種IPブロックを提供します

MpressionのIPソリューションはインテル®FPGAをターゲットに各種機能ブロックをIPとして提供し、お客様の開発期間および工数を削減可能です。各ソリューションはIPの提供にとどまらず、その周辺技術やデバイスドライバなどと一体のパッケージとして提供されます。 マクニカグループ各社ではそれぞれの市場と得意分野により、別々のIPポートフォリオをもっており、お客様のデザインに最適なIPをご選択いただけるように幅広いラインナップになっております。


ハイスピードI/OV-by-One HS IP
HDMI 2.0 IP
SLVS-EC RX IP
64b/66b高速シリアル伝送IP(ION 64b66b)
8b/10b高速シリアル伝送IP(ION 8b10b)
IF.HOTARU IP
モータエンコーダ通信マスタ IP
CC-Link IE Field IP
PCI (Master/Target, 32bit) IP
GigE Vision Device Package
USB3 Vision Device Package
IEEE1588 Protocol Stack Package
ビデオ/グラフィックスScan Conversion IP
Image Processing Function Suite
Image Rotation IP
Graphic Controller IP
Video Over IP Package
セキュリティ/暗号化AES暗号化・復号化IP
マイクロコントローラH8S IP

Software Solution

提供するIC群を支える組み込みソフトウェアと、開発ソフトウェアツール

Mpressionはハードウェアだけではなく、デバイスドライバからアプリケーションレベルの組み込みソフトウェアまで幅広いソフトウェア開発サービスを提供しています。新たなラインナップとしてハードウェア開発を加速する開発ソフトウェアツールを提供始めました。

このサービスのルーツは、組込みLinuxベースのシステム開発です。ここで培った技術ノウハウやスキルを元に、幾つかの汎用RTOS向けの開発や、独自のRTOS開発、ネットワーク用ソフトウェア開発、各種デバイスドライバや最先端の伝送規格に向けたプロトコルスタック等、様々な組込み機器向けのソフトウェア開発を行っています。


インターフェースGenICam Software Package (BetelmaGiCs)
USB3.0 Protocol Stack (USBDmAcs)
コンパクトRTOSIoT機器向けRTOS (Scorpius)

設計環境評価 Solution

OpenCL ラボ 無料体験のご紹介

Mpression OpenCLラボでは、インターネット経由で最新FPGAをOpenCL で開発する環境をユーザに提供します。
OpenCLラボとの接続はSSL(Secure Sockets Layer)通信で行われるため、セキュアな環境でご使用いただくことが可能です。
FPGAボードを保有しなくてもOpenCLラボに配置されているFPGAをリモートアクセスで使用することができ、OpenCL を使用したFPGA開発フローの体験や動作検証にご活用頂けます。